© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20135/17

ご当地ヒーローを壱岐にも。

syasetsu くまもん人気で“ゆるキャラ”ブーム真っ盛りの中、各地でご当地ヒーローが誕生している。
九州では民放テレビでも放映されている、鹿児島のご当地ヒーロー“薩摩剣士 隼人”が有名だが、我が故郷、北九州市にも“キタキュウマン”が現れた。「なぜ小倉駅には博多名物ばかりが並んでいるのか」を疑問に思っていた一市民が、「地域活性化のため、北九州の魅力をもっと広めたい」との想いで考案。昨年11月、黒に赤基調のスーツをほぼ1か月かけて完成させた。
「体が硬くアクションは苦手なので、できれば悪とは戦いたくない」というキタキュウマンは、北九州名物としての「キタキュウマンクッキー」発売が夢といい、芸名である“滝夕輝”も、声に出して繰り返すと「キタキュウ」になるなど、愛嬌たっぷりだ。
これまで、北九州市のキャラクターカーニバルや門司港トロッコVSチャレンジャーなどに出演。福岡の民放テレビ「めんたいワイド」でも紹介されている。
ちょっと珍しいご当地ヒーローもいる。草ヶ江小学校(福岡市中央区)のPTAが作った“グラスサイダー”だ。名前の「グラス」は「草」の英訳で、「サイダー」は仮面ライダーの「ライダー」をもじったもの。肩から胸にデザインされたプロテクターは、同小の校章をかたどっている。
普段から同小のPTA行事に参加していた仮面ライダー世代の父親らが、「子どもたちと一緒に夢を見たい」との想いでヒーロー製作を思い立った。費用は2万円。常に校区に話題を提供し、人々が集まる学校にしたいという。
グラスサイダーは主に「校区パトロール」を夕刻に行っており、通行人との記念撮影に応じるなど、通行人がたちまち集まる人気者となっている。
12日、壱岐最大の春の市「八日市」が開催され、昨年から好評の「壱岐たまごかけごはん選手権」やダンス、那珂川仁美ライブなど、大勢の島民で賑わった。そこに壱岐のご当地ヒーローがいると「もっと小さな子どもたちが楽しめるのに」と思ってしまう。
ご当地ヒーローが参加する壱岐島のイベントに、子どもたちがたくさん集まってくる。そういう地域活性化もある。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る