© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201712/22

コスプレ聖地・壱岐を宣伝。台湾コミックマーケット

市がコスプレをテーマに外国人観光客誘致のため今年度から取り組んでいる「壹岐Cosplay Project」は9、10日の2日間、台湾・台北市の台湾大学体育館で開かれた台湾最大級のコミックマーケット「コミックワールド台北」に出展した。台湾ではコスプレが高い人気を集めており、同展には1300以上のブースが出展。入場者数は2日で2万3千人に達した。

壱岐のブースには、今年9月に台湾から来日し、壱岐で写真撮影を行ったコスプレイヤーの女性2人、アイドルグループ「CANDY☆STAR」の澄乃さん(22)と空色(あおい)さん(22)の作品を展示。2人は撮影した写真で制作したポスター、ちらし、ポストカードなどを配布し、フォトジェニックな壱岐の自然や、コスプレ写真撮影スポットの多さなどを宣伝した。

また映像機器メーカーCANONの撮影ブースでは、壱岐の海岸の景観を背景に装飾。同社のイベントステージでCANDY☆STARが壱岐の観光PRを行った。壱岐ブースには台湾で唯一の国営通信社である中央通信社が取材に訪れ、コスプレでインバウンド拡大に取り組んでいる壱岐市についての記事を世界へ向けて発信した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る