© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201712/8

壱岐をインスタ映えする島に。

年末の風物詩「2017ユーキャン新語・流行語大賞」が1日に発表。30語のノミネートの中から年間大賞に選出されたのは「忖度(そんたく)」と「インスタ映え」だった。

近年の大賞は、日常会話の中ではまず使わないと思われる言葉もあったが、今回の2語は高齢者でも使える。「忖度」には皮肉めいた語意も感じられるが「目上の人の気持ちを慮(おもんばか)って行動する」という意味自体は、日本人の美しい文化の一つだ。「インスタ映え」は、写真を投稿・共有するアプリ「インスタグラム(インスタ)」に公開した写真が見栄えの良いと言う意味。流行に敏感な女子高生によるとインスタグラムと、フェイスブック、ツイッター、ブログには大きな違いがあるようだが、インターネット上に特徴的な写真、動画を掲載して注目を集めるという点はどのツールも同じだ。

魅力的な写真、映像が注目を集めるための重要なツールであることは、インターネットが普及するはるか以前から認識されていた。観光PRのパンフレットには、あらゆる技術を駆使して最高の写真を掲載し、観光客を呼び込む努力をしている。観光地にとって「インスタ映え」は当たり前の手法である。

先日、市景観審議会が開かれた。市景観条例に則り、適正な建築が行われているかどうか審議することが会の主な役割だが、さらに一歩踏み込んで「インスタ映えする壱岐島を作るための工夫」について意見を交わし、市景観条例を発展させていくことも必要ではないだろうか。本市には魅力的な景色があふれているが、写真撮影をする人の目線に立っていないために、せっかくの景色が台無しになっているケースが目に付く。美しい砂浜と青い海も、漂着物のゴミがあったり、景色を損ねる電線など建造物が写り込んでしまったら、写真の価値は半減する。

「インスタ映え百選」としてピンポイントに景観整備をすることが、交流人口拡大につながるはずだ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る