© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201612/16

社説・カジノ法案めぐる論争に違和感

国会がカジノを中心とする総合型リゾート(IR)推進法案の採決で紛糾している。8日に参院内閣委で審議に入り、自民党は9日の成立を目指していたが、民進党の反対で断念。会期末の14日に成立するかどうか、攻防が続いている。
総合型リゾート計画がない本市には直接的な関係のない法案だが、長崎県ではハウステンボスが誘致に手を挙げているだけに、同リゾートに大量の外国人観光客が訪日するようになれば、インバウンド誘客に恩恵があるかもしれない。遺跡・古墳、神社は、しっかりと整備されれば外国人富裕層にも魅力的な観光地となり得る。
この国会での議論や新聞・テレビでの報道を見ていて、違和感を感じる部分がある。「カジノはギャンブル依存症を増大させる。短い審議期間でその対策ができるのか」という民進党議員、テレビのコメンテイター、新聞記者の論点に対してだ。
反対意見があるのは当然で、ギャンブルに対して嫌悪感を持っている人が多いことも、ギャンブル依存症が家庭崩壊などにつながっていることも理解している。
だがギャンブル依存症の問題は、今後のカジノ導入とは別に論じなければならない問題ではないか。日本にはすでに競馬、競輪、競艇、オートレースの公営ギャンブル、宝くじやサッカーくじ、そして遊戯という名の実質は賭博であるパチンコと、あらゆるギャンブルが行われている。ギャンブル依存症を理由にカジノに反対するのであれば、これらすべてのギャンブルの廃止を主張するのが先のはずだが、誰もそこには触れていない。
「カジノ法案成立を急ぐのは利権が絡んでいる」との意見もあるが、現在あるギャンブルはいずれも各省庁の利権の上に成り立っているとも言える。公益性を高めるのならパチンコ、カジノも売り上げの一部を国庫納付金で徴収すればいい。
競馬記者歴30年の私としては、ギャンブルと楽しく付き合っていく方法を伝えていきたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る