© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201310/11

戦略のない「ゆるキャラ」は税金の無駄。

syasetsu マーケティングとは、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」を表す。壱岐の観光でいうと、「観光客が欲するサービスを作り、その情報発信をすることで、効果的に集客させるための活動」ということになろうか。
サービスが「売れる」ためには、①観光客のニーズを知る②そのニーズに合わせた、観光客が満足するものを作る③観光客がその存在を知り、入手できる適切な価格で提供される、などのプロセスが必要だ。
九州新幹線の開通によって関西圏から日帰り観光が可能になることをビジネスチャンスと捉えた、熊本県挙げてのプロジェクト。2011年、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」脚本家で、同県天草市出身の小山薫堂さんがアドバイザーに就任したことがきっかけで、ゆるキャラの「くまモン」が誕生する。
デビュー当時のくまモンは痩せていたが、誕生から半年後、熊本県の美味しい食材を食べ過ぎたという設定で、丸みを帯びたフォルムになった。世に広め、話題となるためにストーリーを組み込んだ「プロの仕事」によって、くまモンは全国区となる。『ゆるキャラを利用したマーケティング』の成果なのだ。
9月27日の市議会定例会。ウニをモチーフにしたゆるキャラを2体製作するために約150万円の補正予算案が可決。作る理由として、市観光商工課の神﨑照浩課長は「地域おこし協力隊の合口香菜さんからの提案であり、サポートしたい。あまちゃんブームでもあり、ウニのゆるキャラでくまモンのように商品化も考える」と説明した。
あまちゃんブームだということで合口さんとウニキャラを使う、その発想は理解できる。しかし、市は今まで合口さんの活動を島外に日々発信してきただろうか。現在、市ホームページにはその掲載はなく、あまちゃんブームを活用してきたとは言い難い。また、ウニキャラをくまモンのように商品化する話もストーリーを重視したマーケティングでなければ出来るはずもない。
戦略性のない、安直なウニキャラ製作は税金の無駄遣いとしかいいようがなく、市民はもっと怒るべきだ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る