© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20172/17

社説・気を付けたいコメントの扱い

先週号でテレワーカーを目指す人たちに、コピー&ペースト(コピペ)での原稿作成が著作権法に違反する恐れがあることを指摘したが、「引用」の条件を満たしていても気を付けなければならないのが「コメント」部分だ。コメントというのは、聞き手によって捉える意味が違ってくることがある。
国際問題にまで発展したアパホテルの客室設置書籍の問題にしても、問題をさらに複雑にしたのは元谷外志雄代表の「中国からの予約ができない」というコメントが、「中国人の予約はできない(受け付けない)」との誤訳で中国の新聞に伝えられてしまったことによる。自分で取材していればこんな間違いは起きにくいはずだが、コメント部分の引用が事態を悪化させてしまった。
そこまで大きな問題でなくても、場を和ませようとしたジョークが、その部分のコメントだけが抜き出されて引用されると、まったく違う意味で伝わってしまうことがある。
例えばお笑い芸人の会見で、ツッコミ役が「しばくぞ!!」とボケ役に“かます”ことがある。取材現場にいれば笑いを取るためのツッコミだと判るが、そのコメントだけが引用されたらとんでもない暴言として扱われてしまいかねない。基本的には、コメント部分は引用するべきではない。
自分で取材した場合であっても、コメントしたことをそのまま正確に文章に起こすと、逆に誤解を招く場合がある。マンツーマンの取材で、記者が取材対象者と親しかったり、取材対象者より若かったりすると、いわゆる「タメ口」で話すことがある。その言葉をそのまま文章にしてしまったら、年配の読者が読むと「なんて言葉遣いの悪いやつだ」と思われる恐れがある。
一方で、決められた文章量の中でなるべく多くの情報を織り込むためには、すべてのコメントを「です・ます調」で書くよりも「だ・である調」にした方が効率的だ。読者が不快にならないギリギリの範囲で語尾を使い分ける技術も、ライターには必要なのだ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る