© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20174/14

社説・市ホームページの成長に期待

市は3月30日にホームページをリニューアルした。その目的について「前回のリニューアルから6年以上が経過し、急速に進む情報化社会の中で、市民及び利用者のニーズの拡大に対応が求められていた。本市の日本遺産認定を機に、さらなる情報発信を図る必要があった」などと説明している。
リニューアルのポイントとして①トップページの充実②ユーザビリティ(使いやすさ)・アクセシビリティ(アクセスのしやすさ)に配慮③検索方法の充実④緊急時の対応を掲げており、今後はグーグルマップ、市フェイスブックとの連携を予定している。
インターネット時代を迎えて、ホームページはまさに「市の顔」である。市民への情報提供はもちろん、観光客など市外者が「壱岐市」を調べる時には観光連盟とともに真っ先に調べるポータルサイト(入口となるウェブサイト)でなければならない。その充実のために予算を割くのは当然の施策だ。
出来栄えは、確かにトップページは明るい印象にはなったが、物足りなさも感じる。サイト全体を通して使われている写真はトップページの「壱岐市のいまのフォト」1枚だけ。旧サイトにあった市紹介動画も削除された。写真、動画はサイトの重要なコンテンツだけに、機能性を重視しすぎた印象がある。
間違いもある。担当課直通番号の一覧に、勝本庁舎が掲載されていない。勝本庁舎には各課の直通番号はないが、庁舎代表番号の掲載がないと利用者は戸惑う。「各庁舎の位置」でも勝本庁舎の部分は誤って配置図が掲載されている。外国語対応もしているが、無料翻訳ソフトを使用したため表記のおかしさが目立つ。
新しくやることに対して、あら探しのように何でも文句をつけるのはマスコミの役割ではない。改革は大いに応援している。ウェブサイトの特徴は、要望に応じて成長させられること。制作会社と緊密な連絡を取り、アクセス解析を参考にして「市の顔」を育てていってもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る