© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20175/26

トライアスロン合宿。筒城浜でスイム、ラン。

本市でのトライアスロン大会の開催実現へ向けた「壱岐トライアスロン合宿」(壱岐トライアスロン大会実行委員会主催)が20、21日に筒城浜海水浴場とジョギングコースで行われ、広島、奈良、福岡、佐賀から女性7人、男性5人の12人が参加した。
鉄人アスリートたちは海水浴場にブイで設置された1周500㍍のスイムコースを3周、1周1㌔のジョギングコースをランで10周するアクアスロン(水泳と長距離走)の練習を行った。この日の石田は最高気温26・3℃と高く、それに対して水温は18・8℃と低い、練習するには厳しい条件だったが、選手たちは気持ち良さそうに汗を流した。
壱岐での合宿は今年で3回目。実行委員長の林田任史さんは「筒城はきれいなビーチ、快適なジョギングコース、体育館やキャンプ場の設備、宿泊施設など、まさにトライアスロンのためにあるような場所。ぜひ壱岐で大会を開きたいと考えて、住民への理解・周知、実行委員会の運営経験・実績づくりを目的に合宿を行っている」とその目的を話した。
ただ競技として自転車(バイク)を使用する場合には、交通規制が必要だったり、ボランティアスタッフを揃えなければならないなど、警察、行政、市民の協力が不可欠になる。本市ではサイクルフェスタ、新春マラソンの開催、また昨年からはウルトラマラソンを始めており、新たにトライアスロン大会を開くためにはハードルも高い。林田さんは「何とか来年か再来年に開くことができれば」と準備を進めている。
合宿のコーチとして参加した水泳元日本代表でプロトライアスリートの樋口玲士さんは「トライアスロンはきれいな海と空気の下で行うのが最高に楽しい。選手たちは沖縄まで行って練習したりしているが、福岡からわずか1時間でこれだけの場所があるのだから、ぜひ合宿を続け、そして大会開催を期待したい」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る