© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20175/26

トライアスロン合宿。筒城浜でスイム、ラン。

本市でのトライアスロン大会の開催実現へ向けた「壱岐トライアスロン合宿」(壱岐トライアスロン大会実行委員会主催)が20、21日に筒城浜海水浴場とジョギングコースで行われ、広島、奈良、福岡、佐賀から女性7人、男性5人の12人が参加した。
鉄人アスリートたちは海水浴場にブイで設置された1周500㍍のスイムコースを3周、1周1㌔のジョギングコースをランで10周するアクアスロン(水泳と長距離走)の練習を行った。この日の石田は最高気温26・3℃と高く、それに対して水温は18・8℃と低い、練習するには厳しい条件だったが、選手たちは気持ち良さそうに汗を流した。
壱岐での合宿は今年で3回目。実行委員長の林田任史さんは「筒城はきれいなビーチ、快適なジョギングコース、体育館やキャンプ場の設備、宿泊施設など、まさにトライアスロンのためにあるような場所。ぜひ壱岐で大会を開きたいと考えて、住民への理解・周知、実行委員会の運営経験・実績づくりを目的に合宿を行っている」とその目的を話した。
ただ競技として自転車(バイク)を使用する場合には、交通規制が必要だったり、ボランティアスタッフを揃えなければならないなど、警察、行政、市民の協力が不可欠になる。本市ではサイクルフェスタ、新春マラソンの開催、また昨年からはウルトラマラソンを始めており、新たにトライアスロン大会を開くためにはハードルも高い。林田さんは「何とか来年か再来年に開くことができれば」と準備を進めている。
合宿のコーチとして参加した水泳元日本代表でプロトライアスリートの樋口玲士さんは「トライアスロンはきれいな海と空気の下で行うのが最高に楽しい。選手たちは沖縄まで行って練習したりしているが、福岡からわずか1時間でこれだけの場所があるのだから、ぜひ合宿を続け、そして大会開催を期待したい」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20197/12

山口紗奈さんが最優秀賞。第69回中学生弁論大会

第69回社会を明るくする運動・中学生弁論大会(壱岐地区保護司会主催)が5日、壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市内4中学校から各2人、計8人が…

20197/12

全員協議会を原則公開に。

6月28日の市議会定例会6月議会最終日の閉会後、市議会全員協議会が開かれた。全員協議会が報道に対して公開されたのは、現体制では今回が初めての…

20197/12

ORCに業務改善勧告。不適切整備で約百便運航。8月5日までに報告義務。

国土交通省大阪航空局(川勝弘彦局長)は5日、オリエンタルエアブリッジ株式会社(ORC、本社・大村市、日野昭社長)に対して、飛行機の不適切な整…

20197/5

中小企業庁が重家酒造選定。はばたく中小企業300社

中小企業庁はこのほど、ITサービス導入、経営資源の有効活用などによる生産性向上、積極的な海外展開など様々な分野で活躍している中小企業・小規模…

20197/5

論議が必要な小学校統廃合。

文部科学省の調査によると1989年度に2万4608校だった公立小学校が、2018年度には1万9591校に20%減少した。小学校の統廃合は全国…

ページ上部へ戻る