© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

7蔵ブレンドで乾杯 条例制定を祝う

乾杯条例(7蔵ブレンド壱岐焼酎で乾杯)

國酒「壱岐焼酎による乾杯を推進する条例」制定記念大会(県酒造組合、壱岐酒造協同組合主催)が13日、ホテルステラコート太安閣で行われた。
政府が清酒・本格焼酎&泡盛を「國酒」として官民一体となって国内外に推進しているなか、9月27日の壱岐市議会で同条例が可決されたことを受け、「壱岐の蔵元7社がお互いに切磋琢磨し、島の活性化と交流人口増大を図り、壱岐市、壱岐焼酎の知名度アップに取り組む決意」を示す大会となった。
式の冒頭で国税庁感謝状を贈呈された県酒造組合会長を務める玄海酒造・山内賢明会長は「壱岐市民が愛し、育てた壱岐焼酎の名声を、國酒としてさらに世界へ広めることを誓う」と宣言。白川博一市長らとともに、7蔵の焼酎をブレンドして作られた特製焼酎の樽を鏡開きし、150人の出席者全員が声を合わせて「乾杯」を行った。
また平成25年度福岡国税局酒類鑑評会の表彰式が7日に行われ、「本格しょうちゅうの部」で壱岐から「壱岐の島伝匠」(壱岐の蔵)、「初代嘉助」(壱岐の華)、「潮騒の詩」(猿川伊豆)、「山乃守」(山の守)の4銘柄が金賞を受賞した。同部門は148点の出品があり、大賞1銘柄、金賞は17銘柄だった。
「壱岐の華」の長田浩義社長は「5年連続7回目の受賞となりました。麦らしい原料特性と芳醇な香りに加え、なめらかさ、適度な甘さを有しているとの評価を頂きました」と受賞を喜んだ。

乾杯条例(7蔵ブレンド壱岐焼酎を鏡開き)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/10

壱岐定期公演「旅・はるかなる壱岐」。未来座

劇団未来座・壱岐は2日、一支国博物館3階多目的ホールで、第5回定期公演「旅・はるかなる壱岐~小山弥兵衛を救え~」(原作・柴田東一郎、西瀬英一…

20188/10

食育推進に給食の活用を。

7月31日に長崎市内で、長崎県食育推進県民会議が開催された。社会環境や世帯構造が変化し、食に起因する生活習慣病、食や食文化に関する意識の希薄…

20188/10

長島が小型ポンプ県初優勝。芦辺ポンプ車は全国出場逃す。消防操法県大会

第34回長崎県消防操法大会(県、県消防協会主催)が5日、大村市の県消防学校で開催され、小型ポンプの部で本市代表の郷ノ浦地区第7分団2部(長島…

20188/3

初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会

第43回交通安全子供自転車長崎県大会が7月24日、長崎市の県立総合体育館で開かれ、壱岐地区代表として37年連続出場した初山小学校が、団体戦出…

20188/3

人口減少対策に定住促進策を。

県内の首長らが県と意見交換を行って課題解決に臨む「長崎!県市町スクラムミーティング」が7月19日、長崎市内で開かれ、本市からも白川博一市長、…

ページ上部へ戻る