© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

7蔵ブレンドで乾杯 条例制定を祝う

乾杯条例(7蔵ブレンド壱岐焼酎で乾杯)

國酒「壱岐焼酎による乾杯を推進する条例」制定記念大会(県酒造組合、壱岐酒造協同組合主催)が13日、ホテルステラコート太安閣で行われた。
政府が清酒・本格焼酎&泡盛を「國酒」として官民一体となって国内外に推進しているなか、9月27日の壱岐市議会で同条例が可決されたことを受け、「壱岐の蔵元7社がお互いに切磋琢磨し、島の活性化と交流人口増大を図り、壱岐市、壱岐焼酎の知名度アップに取り組む決意」を示す大会となった。
式の冒頭で国税庁感謝状を贈呈された県酒造組合会長を務める玄海酒造・山内賢明会長は「壱岐市民が愛し、育てた壱岐焼酎の名声を、國酒としてさらに世界へ広めることを誓う」と宣言。白川博一市長らとともに、7蔵の焼酎をブレンドして作られた特製焼酎の樽を鏡開きし、150人の出席者全員が声を合わせて「乾杯」を行った。
また平成25年度福岡国税局酒類鑑評会の表彰式が7日に行われ、「本格しょうちゅうの部」で壱岐から「壱岐の島伝匠」(壱岐の蔵)、「初代嘉助」(壱岐の華)、「潮騒の詩」(猿川伊豆)、「山乃守」(山の守)の4銘柄が金賞を受賞した。同部門は148点の出品があり、大賞1銘柄、金賞は17銘柄だった。
「壱岐の華」の長田浩義社長は「5年連続7回目の受賞となりました。麦らしい原料特性と芳醇な香りに加え、なめらかさ、適度な甘さを有しているとの評価を頂きました」と受賞を喜んだ。

乾杯条例(7蔵ブレンド壱岐焼酎を鏡開き)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る