© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20176/16

泥んこバレーに18チーム。地元勢が初優勝果たす。

6月の壱岐の風物詩となった第5回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が11日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む18チーム、約200人が参加した。
3チームごとのリンクリーグで予選を行い、勝ち上がった6チームが決勝トーナメントで対戦。決勝は「田の真吾」と「AKAGI」の対戦となり、31‐16で田の真吾が優勝した。これまで4回は壱岐出身者がいる福岡市のチームが4連覇してきたが、5回目にして地元勢が初優勝した。
代表の長嶋生次さん(50)は「第1回から出場していて、準優勝が最高成績だったので、今回は優勝したかった。最高の気分です。バレーボール愛好会のメンバーでチームワークは抜群だったし、私は農家なので田植え前に田んぼで練習していた。コートの泥は、最初は浅いのに、ゲームが進んで行くとこなれて深くなってくるので、体力的にしんどかった」と試合を振り返り、優勝を喜んだ。
【成績】▽準決勝 田の真吾34‐18からあげ大吉(大分県中津市)、AKAGI28‐20九電工①▽決勝 田の真吾31‐16AKAGI
【特別賞】▽ベストオブ泥ッサー賞 勝本100%▽洗濯やおいかんで賞 こすもスターズ(福岡県大野城市)▽泥メン賞 TEAM3班(福岡市)▽泥パック賞 九電工②▽がもあん賞 松田会(福岡県小郡市)▽竹馬会賞 山口JAPAN、鯨伏青年会、濱田組▽チームKIZUNA賞 赤木、分ぶんブン2017、フェアリーズ、イルパレス、新婚さんいらっしゃい(福岡市)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る