© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20177/14

社説・防災無線のシステム構築を

6~7日の九州北部豪雨は、九州各地に大きな被害をもたらした。被災された方々にお見舞い申し上げます。
本市も1週間のうちに豪雨、台風、豪雨。「50年に1度の大雨」に立て続けに襲われたことで、多くの被害が出ているが、人的被害がなかったことは不幸中の幸いだった。
島全体が平坦に近いという地理的な特徴もあるが、これまで何度か洪水の被害を受けてきたことで、徐々に防災対策が進んできていることも確かだろう。数年前までは大雨のたびに道路冠水していた危険箇所が、今回はほぼ被害を受けていないという事例も見られた。改良工事が奏功したと言える。
6月29~30日の豪雨の際は、市ホームページでの情報発信がほとんど行われておらず、SNSをやっていない市民は道路通行止めなど被害状況を知ることが難しく、不満の声があった。だが今月5~6日は市ホームページのトップページが緊急災害情報用に設定され、情報が迅速に掲載されるように改善された。
道路通行止め箇所が地図で掲載されたのは判り易かったし、被害状況や避難所の利用者数などがリアルタイムに掲載されたことは、被害の程度を実感し、自らの避難行動などにも役立つ情報だった。
もちろん最初から市民の望む形で提供されることがベストなのだが、いわゆる「お役所仕事」ではなく、すぐに改善されたという点は評価すべきことだった。
だがまだ改善点はある。パソコンやスマホを使っていない市民にとっては、防災無線が唯一の情報源となるわけだが、そこで伝えられた情報は「大雨洪水警報」「記録的短時間大雨情報」「避難準備情報」「避難勧告」など専門用語ばかりで、市民がその言葉の意味を正しく理解できたとは思えなかった。
「避難勧告」が出されても、視界の悪い夜中で、強い雨が降っている時の避難はかえって危険な場合がある。できるだけ判りやすい言葉で、避難や被害についての放送を行う体制づくりが急務だ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/24

7競技に5百人出場。市中体連球技・剣道大会

第69回市中体連球技・剣道大会が18、19日、市内各会場で7競技が行われ、4中学から約5百人が出場。県中学総体(7月27~29日)に出場する…

20195/24

イルカ以外の魅力探求を。

リニューアルオープンしたばかりの壱岐イルカパークで3日、イルカ1頭が死亡した。外傷、誤飲をした形跡はなく、現在、詳しい病理検査をしている。悲…

20195/24

国立科学博物館「大哺乳類展2」に壱岐の知能。本市出身、和田直己教授が監修。

壱岐高校出身で山口大学共同獣医学部で獣医生体システム科学分野の研究をしている和田直己教授(61)が、6月16日まで東京・国立科学博物館で開催…

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

ページ上部へ戻る