© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20177/14

社説・防災無線のシステム構築を

6~7日の九州北部豪雨は、九州各地に大きな被害をもたらした。被災された方々にお見舞い申し上げます。
本市も1週間のうちに豪雨、台風、豪雨。「50年に1度の大雨」に立て続けに襲われたことで、多くの被害が出ているが、人的被害がなかったことは不幸中の幸いだった。
島全体が平坦に近いという地理的な特徴もあるが、これまで何度か洪水の被害を受けてきたことで、徐々に防災対策が進んできていることも確かだろう。数年前までは大雨のたびに道路冠水していた危険箇所が、今回はほぼ被害を受けていないという事例も見られた。改良工事が奏功したと言える。
6月29~30日の豪雨の際は、市ホームページでの情報発信がほとんど行われておらず、SNSをやっていない市民は道路通行止めなど被害状況を知ることが難しく、不満の声があった。だが今月5~6日は市ホームページのトップページが緊急災害情報用に設定され、情報が迅速に掲載されるように改善された。
道路通行止め箇所が地図で掲載されたのは判り易かったし、被害状況や避難所の利用者数などがリアルタイムに掲載されたことは、被害の程度を実感し、自らの避難行動などにも役立つ情報だった。
もちろん最初から市民の望む形で提供されることがベストなのだが、いわゆる「お役所仕事」ではなく、すぐに改善されたという点は評価すべきことだった。
だがまだ改善点はある。パソコンやスマホを使っていない市民にとっては、防災無線が唯一の情報源となるわけだが、そこで伝えられた情報は「大雨洪水警報」「記録的短時間大雨情報」「避難準備情報」「避難勧告」など専門用語ばかりで、市民がその言葉の意味を正しく理解できたとは思えなかった。
「避難勧告」が出されても、視界の悪い夜中で、強い雨が降っている時の避難はかえって危険な場合がある。できるだけ判りやすい言葉で、避難や被害についての放送を行う体制づくりが急務だ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る