© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20177/21

壱岐-福岡ヨットレース。26艇が郷ノ浦港沖をスタート。

「第1回壱岐‐福岡ヨットレース2017」(博多ヨットクラブ主催、壱岐市・市観光連盟後援)が17日に開かれ、博多湾の小戸や今津、新門司、唐津など所属の26艇が出走した。
同レースは40年近くの歴史があるが、これまで福岡・小戸から壱岐までの区間だったものを、今年は壱岐市などが後援についたことで逆コースにリニューアル。午前8時に郷ノ浦港沖からスタートし、小戸まで約34マイル(54・4㌔)を4~5時間かけて、所要時間などで得点を競った。
スタート地点は郷ノ浦町海豚鼻近くの沖合と港からは離れていたが、26艇のヨットが一斉に帆を上げて海面を滑り出していく様子は壮観で、近くの鋸崎などで見物する市民もいた。
レースは23艇が完走。最速艇は3時間49分45秒でゴールしたが、ヨットの性能による修正の結果、5時間17分22秒でゴールした小型の「Notari3」(艇種オークレット26、福岡・今津所属)が優勝した。
前日の16日には、停泊するヨットに盈科小学校児童などを招待し、普段は見ることがないヨットの内部を見学。約170人が参加してあまごころ壱場で開かれた前夜祭には、大会を協賛するマクラーレン福岡が、3千万円以上と言われるマクラーレンのスーパーカーを陸送して展示し、大会を盛り上げた。
市観光連盟は「コースを逆区間にしたことで、前日から選手らが壱岐に入り、市民と一緒に大会を盛り上げてくれた。大会をきっかけにヨット愛好者が定期的に壱岐を訪れて停泊してくれたら、さらに交流人口拡大につながる」と今後の普及に期待をしている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る