© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20177/21

壱岐-福岡ヨットレース。26艇が郷ノ浦港沖をスタート。

「第1回壱岐‐福岡ヨットレース2017」(博多ヨットクラブ主催、壱岐市・市観光連盟後援)が17日に開かれ、博多湾の小戸や今津、新門司、唐津など所属の26艇が出走した。
同レースは40年近くの歴史があるが、これまで福岡・小戸から壱岐までの区間だったものを、今年は壱岐市などが後援についたことで逆コースにリニューアル。午前8時に郷ノ浦港沖からスタートし、小戸まで約34マイル(54・4㌔)を4~5時間かけて、所要時間などで得点を競った。
スタート地点は郷ノ浦町海豚鼻近くの沖合と港からは離れていたが、26艇のヨットが一斉に帆を上げて海面を滑り出していく様子は壮観で、近くの鋸崎などで見物する市民もいた。
レースは23艇が完走。最速艇は3時間49分45秒でゴールしたが、ヨットの性能による修正の結果、5時間17分22秒でゴールした小型の「Notari3」(艇種オークレット26、福岡・今津所属)が優勝した。
前日の16日には、停泊するヨットに盈科小学校児童などを招待し、普段は見ることがないヨットの内部を見学。約170人が参加してあまごころ壱場で開かれた前夜祭には、大会を協賛するマクラーレン福岡が、3千万円以上と言われるマクラーレンのスーパーカーを陸送して展示し、大会を盛り上げた。
市観光連盟は「コースを逆区間にしたことで、前日から選手らが壱岐に入り、市民と一緒に大会を盛り上げてくれた。大会をきっかけにヨット愛好者が定期的に壱岐を訪れて停泊してくれたら、さらに交流人口拡大につながる」と今後の普及に期待をしている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

壱岐署はこのほど、郷ノ浦町の壱岐保育園(眞鍋久美子園長)で防犯教室を開き、41人の園児が参加した。 生活安全課・小鉢賢佑係長ら3人が同…

201812/14

協働と情報公開はセット。

6日に成立した改正水道法で水道事業運営の民間委託が促進されることになった。その賛否についてテレビのニュース、ワイドショーで取り沙汰されている…

201812/14

久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問

市議会定例会12月会議は10日、一般質問初日が行われ、赤木貴尚議員は10月から市民を騒がせていた不正入札疑惑に関して「長崎県警が市職員を事情…

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

ページ上部へ戻る