© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201311/22

18人に優秀作品賞 市民絵画・写真展

 

一支国博物館で開催されている「しまごと芸術祭2013」(24日まで)の中心的なイベント「壱岐市民絵画・写真展」の表彰式が17日、同博物館多目的ホールで行われた。
展示されたのは壱岐の歴史的な風景、風物詩などをテーマにした絵画158点(小学生128点、中学生4点、一般26点)、写真13点(一般のみ)の計171点。展示期間中に観覧者が投票を行い、上位となった小中学生絵画8点、一般絵画6点、写真4点を優秀作品として選定。受賞者には賞状と水彩絵の具セットなどの賞品が贈られた。投票数は259票だった。
「クジラに乗る夢を見た」を描いた野田真聖さん(盈科小4年)は「1度だけですが、クジラに乗った夢を見たことがあり、それを思い出して描きました。クジラの縞の部分を丁寧に描いたのが良かったと思います」と胸を張った。「壱岐の海の中も原の辻遺跡!?」を描いた品川幸香さん(霞翠小4年)は「コンクールで初めて表彰されてうれしいです。お母さんと一緒に原の辻遺跡を訪れてよく観察し、遺跡を忠実に描くことに気を付けました」と受賞を喜んだ。
【優秀作品】▽小中学生絵画の部 野田真聖(盈科小4年)「クジラに乗る夢を見た」、貞方陽太郎(盈科小2年)「ぼくがつったかわはぎ」、月輪美佳(渡良小5年)「海のなか」、小金丸桃花(柳田小2年)
壱岐の牛」、大久保結貴(初山小1年)「くじらにのってたのしいな」、品川幸香(霞翠小4年)「壱岐の海の中も原の辻遺跡!?」、堤凜太郎(筒城小1年)「大きな船だなぁ!!」、山下玲於(石田中2年)「初夏の角上神社」
▽一般絵画の部 岩永啓子「お人形さん」、斉藤弘子「グラジオラス」、坂口彰一「秋を生ける」、吉岡博子「ひまわり」、渡野栄治「島の洞窟」、志夏「牡丹」
▽一般写真の部 市岡賢「壱岐で一番早く咲いた桜」、西川雅章「焼酎だったら…」、目良正夫「壱岐に一本の珍しい木 なんじゃもんじゃ」、山西實「聖衆来迎(しょうじゅうらいごう)」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る