© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20178/4

社説・新しい風と若さを求めた市民

6人の新議員が決まった。前回の2013年は新人の赤木貴尚さんが1555票でトップ、同じく新人の土谷勇二さんも1122票を獲得して4位と、新人2人が選挙戦で存在感を示した。今回も新人の山川忠久さんがトップ、2位も新人の清水修さんと、新人がワンツーを決め、植村圭司さんも5位で千票を超える得票だった。
また前回の赤木さんは当時43歳で立候補20人の最年少だったが、今回の山川さんも39歳で最年少。浮動票を握る支持候補を決めていない市民が、議会に対し新しい風と若さを強く求めていたことが、この2回の選挙結果から伺える。
本紙が出口調査を行った壱岐高校期日前投票所でも山川さんへの投票がトップだった。若い世代はより年齢の近い、気持ちを分かってもらいやすい候補に市政改革を託したのだろう。ただ、16人の当選時平均年齢は前回が58・8歳で、今回は58・5歳と若返りが進んだとは一概に言えない結果でもあった。
浮動票は期待が大きければ大きいほど、結果に満足できなければ見切り方も早い。1期目の赤木、土谷両議員は、経験不足な面はあったかもしれないが、一般質問などで積極的に発言するなど十分な働きをしていたように見えたが、今回の得票数は前回の6割程度と大きく落ち込んだ。新人議員には「経験がないので」などと言い訳はできない、厳しい議員生活が待っている。
一方で、地盤に根付いた基礎票の重要さも鮮明だった。落選した4人、13~16位当選と苦戦した4人は、いずれも11人が立候補した郷ノ浦町の候補だった。他の3町の候補はすべて当選した。
また、山川さん、清水さんは引退する今西菊乃議員、市山和幸議員の、植村さんは死去した深見義輝元議員の後任として、地盤を引き継いだことが高得票につながったと見ることができる。
4町合併から13年が経過しているのだから、そろそろ4町意識、地元意識が薄まってもいいのでは、とも感じた選挙だった。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/15

561人が壱岐路を疾走。第30回サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第30回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第18回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が1…

20186/15

都会での経験は若者に有意義。

市、壱岐振興局、ハローワーク壱岐が市商工会に対して、高卒求人確保の協力依頼を行った。昨年に続いての要請で、地域活性化のためには1人でも多くの…

20186/15

対立候補支援業者の指名外しで、白川市長、中原副市長不起訴。長崎地検処分発表。

平成28年4月の壱岐市長選で当選した白川博一市長の対立候補を支援したことで、選挙後に市発注公共工事の指名競争入札から除外されたとして、市内の…

20186/8

KDDI「しまものラボ」、離島産品の発信サポート。

通信大手のKDDI株式会社は、壱岐市、市商工会、離島経済新聞社とともに5月23日から壱岐市で、離島事業者を対象とした「しまものラボ」を開始し…

20186/8

家庭生活は男女平等ですか?

23日から29日まで「男女共同参画週間」が実施される。 長崎県は2016年3月に第3次基本計画を策定し、女性が力を十分に発揮できる社会…

ページ上部へ戻る