© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

ビッグアーサー断然 スプリンターズS

待ちに待った秋のGⅠシリーズがスタートする。その第1弾が10月2日のスプリンターズS。いきなり高配当を狙いたくなるものだが、このメンバーでは難しい。ビッグアーサーの実力が一枚も二枚も抜けている。
春の高松宮記念が重賞初制覇の遅咲きだが、キャリア12戦でまだまったく底を見せていないし、消耗も少ない。前哨戦のセントウルSはこれまでには見られなかった逃げ切り勝ちで、脚質の自在性も広げた。当時の重量は58㌔で、他馬がGⅠで増量されるのに対して、この馬は減量になるのだから、このレースで負かした馬に逆転される心配は極めて少ない。
中山コースは初体験となるが、脚質を考えれば直線が短くなるのはプラス材料だし、超高速馬場にならないコースなのでパワーがあるこの馬にはむしろピッタリのコースと言える。人気が集中しても、馬券から外すことはできない。
相手は難解だが、ビッグアーサーからの馬単では手を広げることもできないので、格を重視してミッキーアイル、レッツゴードンキ、ベルカント、スノードラゴンの4頭に絞る。
また同日はフランスで凱旋門賞が行われ、日本からダービー馬マカヒキが挑戦。PATで馬券発売を行う。日本馬初制覇を応援したいが、日本での売り上げからオッズを算出するのでマカヒキが圧倒的な人気になる。応援とは切り離して、馬券は英国馬ポストボンドから買う。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を…

20202/7

最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

壱岐焼酎料理レシピコンテスト(壱岐みらい創りサイト、同実行委員会主催)が2日、壱岐の島ホールで開かれ、22点の応募から書類選考を通った5点(…

20202/7

瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。

瀬戸地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、壱岐市の新たな地域…

ページ上部へ戻る