© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

ビッグアーサー断然 スプリンターズS

待ちに待った秋のGⅠシリーズがスタートする。その第1弾が10月2日のスプリンターズS。いきなり高配当を狙いたくなるものだが、このメンバーでは難しい。ビッグアーサーの実力が一枚も二枚も抜けている。
春の高松宮記念が重賞初制覇の遅咲きだが、キャリア12戦でまだまったく底を見せていないし、消耗も少ない。前哨戦のセントウルSはこれまでには見られなかった逃げ切り勝ちで、脚質の自在性も広げた。当時の重量は58㌔で、他馬がGⅠで増量されるのに対して、この馬は減量になるのだから、このレースで負かした馬に逆転される心配は極めて少ない。
中山コースは初体験となるが、脚質を考えれば直線が短くなるのはプラス材料だし、超高速馬場にならないコースなのでパワーがあるこの馬にはむしろピッタリのコースと言える。人気が集中しても、馬券から外すことはできない。
相手は難解だが、ビッグアーサーからの馬単では手を広げることもできないので、格を重視してミッキーアイル、レッツゴードンキ、ベルカント、スノードラゴンの4頭に絞る。
また同日はフランスで凱旋門賞が行われ、日本からダービー馬マカヒキが挑戦。PATで馬券発売を行う。日本馬初制覇を応援したいが、日本での売り上げからオッズを算出するのでマカヒキが圧倒的な人気になる。応援とは切り離して、馬券は英国馬ポストボンドから買う。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る