© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20169/27

新商品「麦の贈りもの」発売 壱岐焼酎6蔵飲み比べ

壱岐酒類販売協同組合(三木圖理事長)は9日、壱岐焼酎メーカー6社と共同開発した新商品「麦の贈りもの」発表記者会見を、同組合会議室で行った。
同商品は昨年9月、組合の壱岐焼酎委員会の中に新たに商品開発部会を設立し、各蔵の代表者と計17回もの会議を行い、「贈答品としてビール1ダース詰めに替わる商品」をコンセプトに、飲み比べができるように各蔵1本のセット、女性でも持ちやすく取っ手の付いたカートンなどを目指して開発した。
当初は全7蔵で開発する予定だったが、都合により重家酒造が今回は参加せず、6蔵が自慢のメーンブランドを新商品用にリメーク。ビール中瓶よりも細く統一したボトルと、漢字一文字で銘柄を表した「天・山・壱・円・華・島」のラベル、A4サイズの熨斗(のし)がピッタリのカートンサイズにし、20度500㍉㍑6本1セットを完成させた。
希望小売価格は税込み4500円(島内価格)で、島内の酒販店で8月20日から販売を開始しており、すでに約100セットが売れている。同組合では「組合でビール1ダースが昨年7千セット売れているので、その15~20%、1000~1400セット程度を目標にしている」と話した。今後は北部九州地区での販売も予定している。
三木理事長は「大型量販店とは差別化した商品が必要だった。壱岐焼酎のブランド化で壱岐の経済活性化を図りたい。今後は壱岐交通のラッピングバスや、ケーブルテレビでのCM、ウルトラマラソンやねんりんピックなどイベントでの宣伝を強化する。将来的には組合を法人化して、島外でも自由に販売できるようにしたい」と今後の目標を語った。
◇「麦の贈りもの」(いずれも20度500㍉㍑)▽壱岐の蔵酒造・壱岐の島▽壱岐の華・壱岐の華▽猿川伊豆酒造・円円▽天の川酒造・天の川▽玄海酒造・壱岐▽山の守酒造・山の守

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る