© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20168/9

愛称「青い海と緑の広場」 郷ノ浦客船埠頭前の緑地

郷ノ浦港絵踏地区緑地(郷ノ浦客船埠頭前)の愛称が「青い海と緑の広場」に決まったことが1日、同広場で県壱岐振興局から発表され、供用が開始された。
同広場は、地震などの大規模災害が発生した際に、郷ノ浦客船埠頭に運ばれてきた支援物資などを一時的に保管する目的で整備された。だが緊急時以外は使用されないため、大型客船寄港時の乗船客の憩いの場や、子どもたちが遊べる公園として活用することを決め、今年2月には張り芝を行うなど整備を進めていた。
愛称は盈科、渡良、三島の3小学校の児童から募集し、76人から115件の応募があった。壱岐振興局らで組織した愛称選考委員会で審査し、長島涼太さん(渡良6年)の作品が採用された。長島さんは「大型客船が寄港した時に一度見に来て、海が青くて、緑がたくさんある風景がとても壱岐らしいと思ったので、そのまま名付けてみました。自分が考えた名称が広場の名前として永遠に残っていくのはとても嬉しいし、ソフトボールの練習にも使えそうなのでとても楽しみです」と採用を喜んだ。
愛称発表後は、2月に張り芝作業を手伝った武生水保育所の園児24人が、芝生の上で駆けっこをしたり、シャボン玉を飛ばして、広場のオープンを祝った。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る