© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20167/26

特別企画展「イキものがたり」 コウノトリから河童まで60点

一支国博物館の第30回特別企画展「イキものがたり」が15日から1階テーマ展示室で始まった。9月4日まで。入場無料。
同展は壱岐島で見られる動物や植物のあまり知られていない実態に焦点を当て、壱岐の生き物の「ものがたり」として解説。生体、標本、化石、文献などを用いて、夏休みの学習研究のために訪れる子どもたちにも判りやすいように紹介している。
展示室に入ってまず目を引くのがコウノトリ「ハチゴロウ」のはく製。壱岐島に毎年飛来する国指定特別天然記念物のコウノトリは、日本では絶滅していたが、日本最後の生息地となった兵庫県豊岡市が1965年に人工飼育を開始した。そのコウノトリの郷公園に、2002年に突如大陸から飛来したのが野生の「ハチゴロウ」。同鳥はそのまま公園に住み続けたことで、コウノトリの野生復帰のために何をすればよいのかという難題への生き字引となった。
豊岡市は、壱岐市と友好都市提携を結ぶ朝来市とともに旧但馬国であるという縁もあり、コウノトリ復活のシンボルである「ハチゴロウ」のはく製を、今回初めて市外に貸し出した。
その他、あのシーボルトが編さんした「日本動物誌」「日本植物誌」などの文献、壱岐出身の4人の偉大な自然科学者の足跡をまとめた「壱岐島学者ものがたり」、芦辺町の高源寺に所蔵されている「河童の証文」など本島などの河童伝説をまとめた「がわっぱものがたり」、博物館学芸員が専門家に依頼してまとめた絶滅危惧種「壱岐島RED LIST」など約60点の展示は、見応え十分なものになっている。
須藤正人館長は「今回の特別展は人間と生き物の共生共存がテーマ。夏休みの子どもたちに楽しんでもらい、大人にはしばし少年少女の日に立ち戻っていただければと思っている」と珍しい自然科学系展示の企画意図を説明した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る