© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20167/26

優勝は上戸敬一さん むぎ焼酎壱岐ゴルフコンペ

第19回むぎ焼酎壱岐の会ゴルフコンペ(玄海酒造主催)が7日、千葉県の千葉カントリークラブ川間コースで開かれ、関東地方の酒卸販売業者、東京壱岐雪州会、長崎県人クラブなどから83人が参加した。
競技は新ペリア方式で争われ、優勝は上戸敬一さん、2位は小林昭司さん、3位は沼野聖一さんだった。表彰式は玄海酒造・山内昭人社長の発声による「壱岐焼酎で乾杯」で幕を開け、優勝者には同カントリークラブ提供のゴルフバッグが、入賞者には同酒造の焼酎やTシャツ、今年もゲストとして参加したプロ野球元巨人軍の黒江透修さんのサイン入り色紙などが贈られた。
東京壱岐雪州会の牧山康敏前会長は「昨年は壱岐カントリー倶楽部での開催だったが、今年は関東地方での実施。最高気温35℃の厳しい暑さだったが、年に一度の夏の風物詩としてすっかり定着した大会を、参加者は大いに楽しんだ。懇親会でもふるさと談議に花が咲いた」と大会を振り返った。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る