© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

日本最強ドゥラメンテ 第57回宝塚記念

上半期最後のGⅠとなる宝塚記念。キタサンブラックとドゥラメンテが人気を二分しているが、2200㍍の距離を考えればドゥラメンテに分がある。
ドバイシーマクラシックは落鉄の不利。それでも世界の強豪相手に2着を確保したのだから、その実力はまさに世界トップクラスだ。阪神2200㍍戦なら典型的な逃げ馬は不在でも、それほどのスローペースにはならない。初の関西への輸送競馬でも、引っ掛かる心配もないはずだ。
このレースの結果次第で、秋シーズンは凱旋門賞への挑戦が具体化する。エイシンヒカリが英国での惨敗で断念しただけに、日本代表馬としてドゥラメンテにはぜひ挑戦してもらいたい。特に今年は日本の馬場に近いシャンティ競馬場での開催で、日本馬による初制覇の期待が高まっている。渡仏前のここは負けられない一戦だ。
良馬場なら相手はアンビシャス。中山記念ではドゥラメンテに首差及ばなかったが、大阪杯ではキタサンブラックを差し切っている。中距離戦ならキタサンブラックよりも実績は上位。ドゥラメンテ1頭をマークしてレースができる強みもあり、逆転の可能性を秘めている。
こちらも良条件で穴は唯一の牝馬マリアライト。有馬記念0秒1差4着の成績は侮れない。直線の切れ味勝負になれば、牡馬より2㌔軽い56㌔の斤量が活きてくる。
馬単、3連単の3頭ボックスで夏のボーナス獲得を狙う。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る