© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

日本最強ドゥラメンテ 第57回宝塚記念

上半期最後のGⅠとなる宝塚記念。キタサンブラックとドゥラメンテが人気を二分しているが、2200㍍の距離を考えればドゥラメンテに分がある。
ドバイシーマクラシックは落鉄の不利。それでも世界の強豪相手に2着を確保したのだから、その実力はまさに世界トップクラスだ。阪神2200㍍戦なら典型的な逃げ馬は不在でも、それほどのスローペースにはならない。初の関西への輸送競馬でも、引っ掛かる心配もないはずだ。
このレースの結果次第で、秋シーズンは凱旋門賞への挑戦が具体化する。エイシンヒカリが英国での惨敗で断念しただけに、日本代表馬としてドゥラメンテにはぜひ挑戦してもらいたい。特に今年は日本の馬場に近いシャンティ競馬場での開催で、日本馬による初制覇の期待が高まっている。渡仏前のここは負けられない一戦だ。
良馬場なら相手はアンビシャス。中山記念ではドゥラメンテに首差及ばなかったが、大阪杯ではキタサンブラックを差し切っている。中距離戦ならキタサンブラックよりも実績は上位。ドゥラメンテ1頭をマークしてレースができる強みもあり、逆転の可能性を秘めている。
こちらも良条件で穴は唯一の牝馬マリアライト。有馬記念0秒1差4着の成績は侮れない。直線の切れ味勝負になれば、牡馬より2㌔軽い56㌔の斤量が活きてくる。
馬単、3連単の3頭ボックスで夏のボーナス獲得を狙う。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る