© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

日本最強ドゥラメンテ 第57回宝塚記念

上半期最後のGⅠとなる宝塚記念。キタサンブラックとドゥラメンテが人気を二分しているが、2200㍍の距離を考えればドゥラメンテに分がある。
ドバイシーマクラシックは落鉄の不利。それでも世界の強豪相手に2着を確保したのだから、その実力はまさに世界トップクラスだ。阪神2200㍍戦なら典型的な逃げ馬は不在でも、それほどのスローペースにはならない。初の関西への輸送競馬でも、引っ掛かる心配もないはずだ。
このレースの結果次第で、秋シーズンは凱旋門賞への挑戦が具体化する。エイシンヒカリが英国での惨敗で断念しただけに、日本代表馬としてドゥラメンテにはぜひ挑戦してもらいたい。特に今年は日本の馬場に近いシャンティ競馬場での開催で、日本馬による初制覇の期待が高まっている。渡仏前のここは負けられない一戦だ。
良馬場なら相手はアンビシャス。中山記念ではドゥラメンテに首差及ばなかったが、大阪杯ではキタサンブラックを差し切っている。中距離戦ならキタサンブラックよりも実績は上位。ドゥラメンテ1頭をマークしてレースができる強みもあり、逆転の可能性を秘めている。
こちらも良条件で穴は唯一の牝馬マリアライト。有馬記念0秒1差4着の成績は侮れない。直線の切れ味勝負になれば、牡馬より2㌔軽い56㌔の斤量が活きてくる。
馬単、3連単の3頭ボックスで夏のボーナス獲得を狙う。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る