友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20166/21

満開の花を観ながら散策 七変化を楽しむあじさい祭

第21回あじさい祭(郷ノ浦町文化協会主催)が11、12日に文化ホールなどで行われた。
11日の「あじさいウォーク」は一般8㌔、親子4㌔の2コースに計30人が参加。文化ホールをスタートし、海田あじさい街道、牧手花通り、半城あじさい街道などで、道路脇に咲き誇る七色のアジサイの花を眺めながらゆっくりと散策を楽しんだ。また道中の景色から俳句、川柳を詠み、散策終了後に自慢の句を文化ホール前に掲示して披露した。
勝本町から参加した60代女性は「初めて参加した。いつも車で移動しているので、こんなにゆっくり景色を見ながら歩くのは久しぶり。今までと違った景色を楽しむことができた」と心地良い汗をかいていた。
11日夜からは文化ホール大ホールロビーに飾られたアジサイの鉢植えなどがライトアップされ、幻想的な雰囲気が演出。フォト川柳、生け花や、作元正隆さん・順子さん夫妻の見事な海中写真などの作品が展示された。12日は大ホールで大正琴、日本舞踊、民謡、太鼓、謡曲、詩吟、コーラスなどの「あじさい芸術祭」が華々しく開催。あじさい苗の無料配布も行われた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る