© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

 大混戦が予想されている日本ダービーに比べると、オークスは比較的順当に収まりそうなメンバー構成となった。桜花賞馬ジュエラーが骨折で回避、その桜花賞で断然人気(4着)だったメジャーエンブレムがNHKマイルCに回ったことで、桜花賞で鼻差2着だったシンハライトが不動の中心となる。
 不安点は1600㍍を超える距離が初体験となることだが、父ディープインパクト、母の父シングスピール(ジャパンC勝ち馬)、母シンハリーズはアメリカンオークス(2000㍍)3着馬という血統は、むしろ2400㍍向きと言える。また今年の東京競馬場は時計が速く、2400㍍戦であってもスピード、切れ味が優先されている。良馬場での開催となれば、高速決着となった桜花賞の成績を重要視するべきだ。
 ただし、430㌔前後の小柄な牝馬で、父ディープインパクトそっくりの切れ味が最大の武器だけに、重馬場になったら一気に評価を下げる必要がある。
 相手は桜花賞3着のアットザシーサイド。母は短距離での活躍馬だったが、父がキングカメハメハなので母よりも距離の融通性はありそうだ。展開に左右されずに確実に追い込んでくる末脚が武器で、上位争いが有力だ。
 怖いのはフラワーC勝ち馬エンジェルフェイス。有力馬がいずれも差し・追い込みタイプだけに、単騎逃げに持ち込めそうなレース展開は極めて有利。鞍上がルメール騎手である点も大きな魅力だ。
 抽選での出走が叶ったアドマイヤリードにもチャンスがある。桜花賞は4角最後方から一気に5着まで追い込んでおり、直線の長い東京コースなら一気に突き抜ける可能性を秘めている。
 キャリア4戦のアウェイクには未知の魅力があり、大駆けの可能性を秘めている。
 人気のチェッキーノはスピード決着にやや不安があるので、買っても押さえまで。
 シンハライトを中心に馬連、馬単、3連単で勝負する。

シンハライトの切れ味期待
オークスは堅めの決着




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/9

スポーツの猛暑対策を。

全国的に猛烈な暑さに襲われている。7月31日は全国2百地点以上で35℃以上の猛暑日となった。本市の最高気温は石田測候所33・0度、芦辺測候所…

20198/9

LED3千個で白沙八幡神社をライトアップ。大大神楽とのジョイントイベント「かみあかりの夜」。

市は3日、石田・筒城浜ふれあい広場野外ステージで開かれた第23回壱岐大大神楽公演に合わせて、隣接する白沙八幡神社でライトアップイベント「神々…

20198/2

山本二三さんがアニメーション制作実演。一支国博物館特別講座

一支国博物館で開催中の「山本二三展」に合わせて、7月21日に特別講座「アニメーション美術監督・山本二三による制作実演」が同館で開かれ、約30…

20198/2

大型店、続々出店のリスク。

経済産業省はこのほど、今年5月に申請された大規模小売店舗立地法に伴う新設届け出を発表し、本市では郷ノ浦町柳田触に建設中の「ドラッグコスモス壱…

20198/2

冨永愛斗が個人総合優勝。初山小は団体戦4位。交通安全子供自転車県大会

第44回交通安全子供自転車長崎県大会が7月23日、長崎市の県立総合体育館で開かれ、壱岐地区代表として38年連続出場した初山小学校が、団体戦出…

ページ上部へ戻る