© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命サトノダイヤモンド 第76回皐月賞

 今年の皐月賞はおもしろい。3戦不敗のサトノダイヤモンドとマカヒキ、2歳王者リオンディーズの「3強対決」と言われているが、距離実績抜群で3連勝中のアドマイヤダイオウ、堅実無比なエアスピネル、未知の魅力にあふれるディーマジェスティ、3連勝中で本格化が伺えるマウントロブソン、勝負強さで穴気配を漂わせているプロフェットなど、役者が勢揃いしている。
 本命にはサトノダイヤモンドを推す。これまで3戦の対戦相手が楽だったという意見は確かだが、それでも常に危なげのない勝ち方には「大人の魅力」が感じられた。派手さはないが確実に勝ち切るレースは、シンボリルドルフによく似ている。どんなレースにも対応できる折り合い、先行力もあり、連軸としての信頼感がある。
 鞍上のルメール騎手も大きな魅力だ。その騎乗技術はもちろんだが、お手馬がマカヒキと重なりながら、サトノダイヤモンドの方を選択した。単に能力だけでなく馬主、厩舎との関係などもあるだろうが、選んだからにはマカヒキには絶対に負けられない、という思いもあるはず。徹底マークした騎乗をするはずだ。
 相手にはリオンディーズを指名する。弥生賞ではマカヒキに首差敗れたが、当時は朝日杯FS以来の実戦で、使われていたマカヒキとは状態面で差があったし、エアスピネルを意識した騎乗も影響した。朝日杯FSでの圧倒的な強さ、エピファネイアの半弟という血統面からも奥は深く、サトノダイヤモンドを逆転する可能性を秘めている。
 この2頭の馬連1点と、3着にマカヒキ、エアスピネル、ロードクエストを固定した3連単6点と、狙いを絞って勝負する。(高瀬)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る