© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命サトノダイヤモンド 第76回皐月賞

 今年の皐月賞はおもしろい。3戦不敗のサトノダイヤモンドとマカヒキ、2歳王者リオンディーズの「3強対決」と言われているが、距離実績抜群で3連勝中のアドマイヤダイオウ、堅実無比なエアスピネル、未知の魅力にあふれるディーマジェスティ、3連勝中で本格化が伺えるマウントロブソン、勝負強さで穴気配を漂わせているプロフェットなど、役者が勢揃いしている。
 本命にはサトノダイヤモンドを推す。これまで3戦の対戦相手が楽だったという意見は確かだが、それでも常に危なげのない勝ち方には「大人の魅力」が感じられた。派手さはないが確実に勝ち切るレースは、シンボリルドルフによく似ている。どんなレースにも対応できる折り合い、先行力もあり、連軸としての信頼感がある。
 鞍上のルメール騎手も大きな魅力だ。その騎乗技術はもちろんだが、お手馬がマカヒキと重なりながら、サトノダイヤモンドの方を選択した。単に能力だけでなく馬主、厩舎との関係などもあるだろうが、選んだからにはマカヒキには絶対に負けられない、という思いもあるはず。徹底マークした騎乗をするはずだ。
 相手にはリオンディーズを指名する。弥生賞ではマカヒキに首差敗れたが、当時は朝日杯FS以来の実戦で、使われていたマカヒキとは状態面で差があったし、エアスピネルを意識した騎乗も影響した。朝日杯FSでの圧倒的な強さ、エピファネイアの半弟という血統面からも奥は深く、サトノダイヤモンドを逆転する可能性を秘めている。
 この2頭の馬連1点と、3着にマカヒキ、エアスピネル、ロードクエストを固定した3連単6点と、狙いを絞って勝負する。(高瀬)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る