© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命サトノダイヤモンド 第76回皐月賞

 今年の皐月賞はおもしろい。3戦不敗のサトノダイヤモンドとマカヒキ、2歳王者リオンディーズの「3強対決」と言われているが、距離実績抜群で3連勝中のアドマイヤダイオウ、堅実無比なエアスピネル、未知の魅力にあふれるディーマジェスティ、3連勝中で本格化が伺えるマウントロブソン、勝負強さで穴気配を漂わせているプロフェットなど、役者が勢揃いしている。
 本命にはサトノダイヤモンドを推す。これまで3戦の対戦相手が楽だったという意見は確かだが、それでも常に危なげのない勝ち方には「大人の魅力」が感じられた。派手さはないが確実に勝ち切るレースは、シンボリルドルフによく似ている。どんなレースにも対応できる折り合い、先行力もあり、連軸としての信頼感がある。
 鞍上のルメール騎手も大きな魅力だ。その騎乗技術はもちろんだが、お手馬がマカヒキと重なりながら、サトノダイヤモンドの方を選択した。単に能力だけでなく馬主、厩舎との関係などもあるだろうが、選んだからにはマカヒキには絶対に負けられない、という思いもあるはず。徹底マークした騎乗をするはずだ。
 相手にはリオンディーズを指名する。弥生賞ではマカヒキに首差敗れたが、当時は朝日杯FS以来の実戦で、使われていたマカヒキとは状態面で差があったし、エアスピネルを意識した騎乗も影響した。朝日杯FSでの圧倒的な強さ、エピファネイアの半弟という血統面からも奥は深く、サトノダイヤモンドを逆転する可能性を秘めている。
 この2頭の馬連1点と、3着にマカヒキ、エアスピネル、ロードクエストを固定した3連単6点と、狙いを絞って勝負する。(高瀬)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を…

20202/7

最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

壱岐焼酎料理レシピコンテスト(壱岐みらい創りサイト、同実行委員会主催)が2日、壱岐の島ホールで開かれ、22点の応募から書類選考を通った5点(…

20202/7

瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。

瀬戸地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、壱岐市の新たな地域…

ページ上部へ戻る