© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命サトノダイヤモンド 第76回皐月賞

 今年の皐月賞はおもしろい。3戦不敗のサトノダイヤモンドとマカヒキ、2歳王者リオンディーズの「3強対決」と言われているが、距離実績抜群で3連勝中のアドマイヤダイオウ、堅実無比なエアスピネル、未知の魅力にあふれるディーマジェスティ、3連勝中で本格化が伺えるマウントロブソン、勝負強さで穴気配を漂わせているプロフェットなど、役者が勢揃いしている。
 本命にはサトノダイヤモンドを推す。これまで3戦の対戦相手が楽だったという意見は確かだが、それでも常に危なげのない勝ち方には「大人の魅力」が感じられた。派手さはないが確実に勝ち切るレースは、シンボリルドルフによく似ている。どんなレースにも対応できる折り合い、先行力もあり、連軸としての信頼感がある。
 鞍上のルメール騎手も大きな魅力だ。その騎乗技術はもちろんだが、お手馬がマカヒキと重なりながら、サトノダイヤモンドの方を選択した。単に能力だけでなく馬主、厩舎との関係などもあるだろうが、選んだからにはマカヒキには絶対に負けられない、という思いもあるはず。徹底マークした騎乗をするはずだ。
 相手にはリオンディーズを指名する。弥生賞ではマカヒキに首差敗れたが、当時は朝日杯FS以来の実戦で、使われていたマカヒキとは状態面で差があったし、エアスピネルを意識した騎乗も影響した。朝日杯FSでの圧倒的な強さ、エピファネイアの半弟という血統面からも奥は深く、サトノダイヤモンドを逆転する可能性を秘めている。
 この2頭の馬連1点と、3着にマカヒキ、エアスピネル、ロードクエストを固定した3連単6点と、狙いを絞って勝負する。(高瀬)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第8回壱岐くる宝くじ当選発表!!

第8回壱岐くる宝くじ当選発表!! …

201812/14

「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

壱岐署はこのほど、郷ノ浦町の壱岐保育園(眞鍋久美子園長)で防犯教室を開き、41人の園児が参加した。 生活安全課・小鉢賢佑係長ら3人が同…

201812/14

協働と情報公開はセット。

6日に成立した改正水道法で水道事業運営の民間委託が促進されることになった。その賛否についてテレビのニュース、ワイドショーで取り沙汰されている…

201812/14

久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問

市議会定例会12月会議は10日、一般質問初日が行われ、赤木貴尚議員は10月から市民を騒がせていた不正入札疑惑に関して「長崎県警が市職員を事情…

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

ページ上部へ戻る