© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20164/10

号外!壱岐市長に白川さん 三つ巴を制し3選を果たす 8266票獲得、対抗馬3~4千票差

任期満了に伴う壱岐市長選は10日、市内30か所で投票が行われた。即日開票の結果、現職の白川博一さん(65=無所属)が8266票を獲得。新人で元小学校教諭の武原由里子さん(51=無所属)の5178票、新人で元衆院議員秘書の坂本和久さん(51=無所属)の4173票に約3~4千票をつけ、3選を果たした。
投票率は前回の81・85%を約2・7ポイント下回る79・16%だった。午後7時から壱岐文化ホール中ホールで行われた開票は、同7時35分の中間発表(開票率50・61%)の時点で白川さん、武原さんとも3200票、坂本さん2600票だったが、同7時42分の2回目の中間発表(開票率78・73%)で白川さん5400票、武原さん4600票、坂本さん4000票と差が開き、午後8時ちょうどに開票を終了した。
白川さんは、昨年10月22日に立候補を表明。現職のため選挙運動には制限があったが、各種団体から推薦を受け、組織票を手堅くまとめた。壱岐市民病院の県病院企業団加入・医療スタッフの充実、市立特養ホームの民間委譲、介護福祉専門学校の誘致など2期8年の実績をアピール。また全国離島振興協議会会長としても懸命に取り組んできた国境離島新法案が8日に衆院を通過し、今月中に制定の目途が立ったことも追い風となった。
白川さんは住吉神社横の住吉会館で当選の報告を受けて会見を行い「選挙期間中、“ 継続は力なり”と訴え続けてきた。市民の皆さんにそのことを支持して頂き、後援会の皆さんがそれを丁寧に伝えて頂いた結果だ。悲願だった国境離島新法は4月20日も制定される見通しで、これを最大限に活用して、壱岐を全国の離島のモデルとなる島にしていく。公約の実現へ向けて全力で邁進する」と力強く語った。

<武原由里子さん>
ただ、ただ、悔しいです。すべての面で足りなかったのだと思います。それでも5178票の重みは十分に感じています。頂いた思いをしっかりと受け止めて、何らかの形で今後も市政刷新の活動を続けていきたいと思っています。

<坂本和久さん>
過去2回出馬した県議選に比べて、選挙期間中の感触は良かったと思っていました。皆さんの期待の大きさを感じていました。立候補表明から2か月間という期間、9年間壱岐を離れていたブランクが敗因だとは思っていますが、組織もない中でこれだけの得票を頂いたことは誇りに思います。今後は壱岐に残り、政治活動を続けていきたいと思っています。

壱岐新聞・号外・2016・4月10日

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る