© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

メジャーの首位不動 第76回桜花賞

 いよいよ3歳クラシックシーズンの幕開け。10日は第1弾の桜花賞が行われる。
 候補馬が目白押しの牡馬戦線に比べると、牝馬は「1強」の様相が強い。阪神JF、クイーンCをともに圧勝しているメジャーエンブレムに、現時点で不安材料は見当たらない。
 阪神1600㍍戦は阪神JFですでに経験している。先行脚質で、折り合い面でもそれほど心配がないので、ペースに左右される心配は少ない。何よりも鞍上が「折り合いの名手・ルメール」なのだから、これ以上のコンビはない。
 この時期は天候が崩れることも多く、重馬場になる可能性もある。メジャーエンブレムはこれまで、良馬場以外でレースをしたことはないが、ダイワメジャー×オペラハウスの配合なのだから、血統面で心配はない。
 むしろパンパンの良馬場で切れ味勝負になった時に取りこぼしが考えられるが、先週から使用しているBコースは、意外に時計が速くなっていない。大阪杯アンビシャスの勝ちタイムはスローペースだったとはいえ1分59秒3。桜花賞は良馬場でも1分34秒台半ばの決着になると予想される。ライバルのディープインパクト産駒がもっとも得意とする切れ味勝負にはならないはずだ。
 圧倒的な人気でもメジャーエンブレムを頭にした馬単、3連単で勝負する。相手はジュエラー、シンハライトの人気2頭が中心になるが、連穴にはアットザシーサイド、ソルヴェイグを挙げたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

201911/15

女子・芦辺が中学統合後の最高順位4位で入賞。県中総体駅伝大会

県中学総体の第61回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第36回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

ページ上部へ戻る