© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

メジャーの首位不動 第76回桜花賞

 いよいよ3歳クラシックシーズンの幕開け。10日は第1弾の桜花賞が行われる。
 候補馬が目白押しの牡馬戦線に比べると、牝馬は「1強」の様相が強い。阪神JF、クイーンCをともに圧勝しているメジャーエンブレムに、現時点で不安材料は見当たらない。
 阪神1600㍍戦は阪神JFですでに経験している。先行脚質で、折り合い面でもそれほど心配がないので、ペースに左右される心配は少ない。何よりも鞍上が「折り合いの名手・ルメール」なのだから、これ以上のコンビはない。
 この時期は天候が崩れることも多く、重馬場になる可能性もある。メジャーエンブレムはこれまで、良馬場以外でレースをしたことはないが、ダイワメジャー×オペラハウスの配合なのだから、血統面で心配はない。
 むしろパンパンの良馬場で切れ味勝負になった時に取りこぼしが考えられるが、先週から使用しているBコースは、意外に時計が速くなっていない。大阪杯アンビシャスの勝ちタイムはスローペースだったとはいえ1分59秒3。桜花賞は良馬場でも1分34秒台半ばの決着になると予想される。ライバルのディープインパクト産駒がもっとも得意とする切れ味勝負にはならないはずだ。
 圧倒的な人気でもメジャーエンブレムを頭にした馬単、3連単で勝負する。相手はジュエラー、シンハライトの人気2頭が中心になるが、連穴にはアットザシーサイド、ソルヴェイグを挙げたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る