© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

メジャーの首位不動 第76回桜花賞

 いよいよ3歳クラシックシーズンの幕開け。10日は第1弾の桜花賞が行われる。
 候補馬が目白押しの牡馬戦線に比べると、牝馬は「1強」の様相が強い。阪神JF、クイーンCをともに圧勝しているメジャーエンブレムに、現時点で不安材料は見当たらない。
 阪神1600㍍戦は阪神JFですでに経験している。先行脚質で、折り合い面でもそれほど心配がないので、ペースに左右される心配は少ない。何よりも鞍上が「折り合いの名手・ルメール」なのだから、これ以上のコンビはない。
 この時期は天候が崩れることも多く、重馬場になる可能性もある。メジャーエンブレムはこれまで、良馬場以外でレースをしたことはないが、ダイワメジャー×オペラハウスの配合なのだから、血統面で心配はない。
 むしろパンパンの良馬場で切れ味勝負になった時に取りこぼしが考えられるが、先週から使用しているBコースは、意外に時計が速くなっていない。大阪杯アンビシャスの勝ちタイムはスローペースだったとはいえ1分59秒3。桜花賞は良馬場でも1分34秒台半ばの決着になると予想される。ライバルのディープインパクト産駒がもっとも得意とする切れ味勝負にはならないはずだ。
 圧倒的な人気でもメジャーエンブレムを頭にした馬単、3連単で勝負する。相手はジュエラー、シンハライトの人気2頭が中心になるが、連穴にはアットザシーサイド、ソルヴェイグを挙げたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る