© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20163/2

壱岐単独のガイドブック発行 「地球の歩き方JAPAN 島旅06 壱岐」

壱岐だけの旅行ガイドブックが初めて発行された。世界の旅ガイドブックで有名な「地球の歩き方編集室」が19日に刊行した「地球の歩き方JAPAN 島旅06 壱岐」(A5版128ページ、税別1500円)で、全国の離島ガイドブックとして五島列島、奄美大島、佐渡に続いての第4弾。これまで壱岐のガイドブックは対馬、五島などとまとめて掲載されていたため表面的な紹介が多かったが、この本は遊び方から歴史・文化まで幅広く、そして奥深く、壱岐の魅力を追求している。観光シーズンへ向けて交流人口拡大に大きな武器になりそうだ。
本はテーマごとに6つのチャプターで編集されており、チャプター0は「壱岐ってどんなとこ?」のタイトルで、壱岐の基本情報、お土産、ご当地グルメなどを、同1は「壱岐の巡り方」で歴史探訪やドライブなどタイプ別にモデルプランを紹介。
同2は「壱岐の遊び方」で一支国博物館、古墳散策、原の辻遺跡、勝本町歩き、マリンスポーツ・レジャー、体験型メニューなど。同3は「壱岐の歩き方」で絶景スポットや4町のエリアガイド、同4は「壱岐の深め方」として地理、歴史、祭り、伝統芸能、島ことば、ロケ地紹介など。同5は「旅の基本情報」で食の旬カレンダー、宿泊施設、アクセスなど。巻末にはUIターン者などのインタビューが掲載されている。
同編集部は昨年5月に調査を開始し、昨年8月に1か月近くかけて取材、写真撮影を実施。島民から情報を聞き取る形で進められた。
「地球の歩き方」は海外旅行をする若者、バックパッカーにとってバイブルのような存在として広く親しまれている。ゴールデンウィークや夏休みの旅行計画を練る時期が近づいてきており、壱岐のPRにもってこいの1冊となった。
ガイドブック(初の壱岐単独観光ガイドブック)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/23

6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。

壱岐商業高校の品川未歩さん(情報処理科3年)が、同校で5年ぶりとなる「資格試験6種目1級合格」を達成した。品川さんが合格したのは「珠算・電卓…

20182/23

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町…

20182/23

議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ8人だけ。

本年度の議会報告会が13日壱岐の島ホール、14日勝本・かざはやで開かれた。今回からより深い討論をするために常任委員会の主催となり、13日は総…

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

ページ上部へ戻る