© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

6戦5勝のモーニン フェブラリーS

今年最初のJRA・GⅠのフェブラリーS。今年も「競馬よもやま話」で、予想をお届けする。
ダートGⅠの活躍馬にいわゆる「良血馬」は少ない。子どもの頃は草の上を走っていたサラブレッドにとって、ダートはあくまでも調教で使う鍛錬の場になっている。砂の上を走るのだから体力を消耗するし、顔に砂を被るので気力もよほど充実していないと走る気を失くしてしまう。英才教育が施されてきたエリートには厳しい条件なのだ。
史上初のJRA・同一GⅠ3連覇を目指すコパノリッキーが人気になるが、3年にわたって気力を充実させ続けていくのは大変なこと。同馬も一時ほどの圧倒的な強さが影を潜めてきたように見える。単騎で逃げられればチャンスがあるが、最近は早めにマークされることが多くなっており、人気ほどは信頼できない。
次世代エース・ノンコノユメは、ダートには珍しい追い込み馬。東京ダート1600㍍戦はベスト条件と言えるが、馬体重は450㌔前後とパワー面ではまだ見劣っており、力が要る良馬場になると力負けの心配がある。
本命は6戦5勝のモーニン。年が明けてますますたくましさを増している。鋭さはないものの砂を被ってもまったくひるむことなく、先行してどこからでも仕掛けられる自在性が大きな魅力で、この相手でも大崩れする心配がない。
馬連でモーニンからコパノリッキー、ノンコノユメを本線に、ベストウォーリア、ホワイトフーガ、アスカノロマンを押さえる。

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る