© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

6戦5勝のモーニン フェブラリーS

今年最初のJRA・GⅠのフェブラリーS。今年も「競馬よもやま話」で、予想をお届けする。
ダートGⅠの活躍馬にいわゆる「良血馬」は少ない。子どもの頃は草の上を走っていたサラブレッドにとって、ダートはあくまでも調教で使う鍛錬の場になっている。砂の上を走るのだから体力を消耗するし、顔に砂を被るので気力もよほど充実していないと走る気を失くしてしまう。英才教育が施されてきたエリートには厳しい条件なのだ。
史上初のJRA・同一GⅠ3連覇を目指すコパノリッキーが人気になるが、3年にわたって気力を充実させ続けていくのは大変なこと。同馬も一時ほどの圧倒的な強さが影を潜めてきたように見える。単騎で逃げられればチャンスがあるが、最近は早めにマークされることが多くなっており、人気ほどは信頼できない。
次世代エース・ノンコノユメは、ダートには珍しい追い込み馬。東京ダート1600㍍戦はベスト条件と言えるが、馬体重は450㌔前後とパワー面ではまだ見劣っており、力が要る良馬場になると力負けの心配がある。
本命は6戦5勝のモーニン。年が明けてますますたくましさを増している。鋭さはないものの砂を被ってもまったくひるむことなく、先行してどこからでも仕掛けられる自在性が大きな魅力で、この相手でも大崩れする心配がない。
馬連でモーニンからコパノリッキー、ノンコノユメを本線に、ベストウォーリア、ホワイトフーガ、アスカノロマンを押さえる。

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る