© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

6戦5勝のモーニン フェブラリーS

今年最初のJRA・GⅠのフェブラリーS。今年も「競馬よもやま話」で、予想をお届けする。
ダートGⅠの活躍馬にいわゆる「良血馬」は少ない。子どもの頃は草の上を走っていたサラブレッドにとって、ダートはあくまでも調教で使う鍛錬の場になっている。砂の上を走るのだから体力を消耗するし、顔に砂を被るので気力もよほど充実していないと走る気を失くしてしまう。英才教育が施されてきたエリートには厳しい条件なのだ。
史上初のJRA・同一GⅠ3連覇を目指すコパノリッキーが人気になるが、3年にわたって気力を充実させ続けていくのは大変なこと。同馬も一時ほどの圧倒的な強さが影を潜めてきたように見える。単騎で逃げられればチャンスがあるが、最近は早めにマークされることが多くなっており、人気ほどは信頼できない。
次世代エース・ノンコノユメは、ダートには珍しい追い込み馬。東京ダート1600㍍戦はベスト条件と言えるが、馬体重は450㌔前後とパワー面ではまだ見劣っており、力が要る良馬場になると力負けの心配がある。
本命は6戦5勝のモーニン。年が明けてますますたくましさを増している。鋭さはないものの砂を被ってもまったくひるむことなく、先行してどこからでも仕掛けられる自在性が大きな魅力で、この相手でも大崩れする心配がない。
馬連でモーニンからコパノリッキー、ノンコノユメを本線に、ベストウォーリア、ホワイトフーガ、アスカノロマンを押さえる。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る