© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

6戦5勝のモーニン フェブラリーS

今年最初のJRA・GⅠのフェブラリーS。今年も「競馬よもやま話」で、予想をお届けする。
ダートGⅠの活躍馬にいわゆる「良血馬」は少ない。子どもの頃は草の上を走っていたサラブレッドにとって、ダートはあくまでも調教で使う鍛錬の場になっている。砂の上を走るのだから体力を消耗するし、顔に砂を被るので気力もよほど充実していないと走る気を失くしてしまう。英才教育が施されてきたエリートには厳しい条件なのだ。
史上初のJRA・同一GⅠ3連覇を目指すコパノリッキーが人気になるが、3年にわたって気力を充実させ続けていくのは大変なこと。同馬も一時ほどの圧倒的な強さが影を潜めてきたように見える。単騎で逃げられればチャンスがあるが、最近は早めにマークされることが多くなっており、人気ほどは信頼できない。
次世代エース・ノンコノユメは、ダートには珍しい追い込み馬。東京ダート1600㍍戦はベスト条件と言えるが、馬体重は450㌔前後とパワー面ではまだ見劣っており、力が要る良馬場になると力負けの心配がある。
本命は6戦5勝のモーニン。年が明けてますますたくましさを増している。鋭さはないものの砂を被ってもまったくひるむことなく、先行してどこからでも仕掛けられる自在性が大きな魅力で、この相手でも大崩れする心配がない。
馬連でモーニンからコパノリッキー、ノンコノユメを本線に、ベストウォーリア、ホワイトフーガ、アスカノロマンを押さえる。

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/12

女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子55回、女子38回)が4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍)の周回コース(男子6区間2…

201810/12

もしもの航路問題に備えて。

決して対岸の火事とは言えない出来事だった。上五島町の五島産業汽船が2日、全4航路で突然の運行停止となった問題だ。同社の負債総額は関連会社も含…

201810/12

イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成。再整備 も着手へ。

勝本町の壱岐イルカパークは7日、入園者100万人達成記念セレモニーを開いた。同園は平成7年4月1日にオープン。原則として年中無休で営業を続け…

201810/5

スペースシャトルの食事。一支国博物館で宇宙食フェア。

一支国博物館で9月24日、イベント「宇宙食を食べてみたい!宇宙食フェア」が開催された。 佐賀県武雄市の佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」…

201810/5

横文字多用は能力の欠如。

安倍晋三首相がトランプ米大統領と会談し、2国間によるTAG(物品貿易協定)の締結に向け新たな通商交渉に入ることで合意したというニュースがあっ…

ページ上部へ戻る