© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20161/22

社説・一石を投じた壱岐ベイベー

昨年12月25日、テレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」にB’zの稲葉浩志さんが出演し、昨年3月の壱岐でのライブについて、司会のタモリさんの質問に答えた。
タモリ:今年印象に残ったことは?
稲葉:ツアーで初めて壱岐という島に行かせていただき、歓迎してもらったことです。
タモリ:私も高校の時行きましたよ。良いところでした、あそこは。食べ物うまかったでしょ?
稲葉:壱岐牛という牛肉がありました。
タモリ:海の物もうまかった?
稲葉:コンサート会場の周りのテントで焼いたり、煮たりとか。
時間にすれば数十秒のやり取りだったが、クリスマスのゴールデンタイムに、タモリさん、稲葉浩志さんという超大物2人が、壱岐についてこれだけ語り合ってくれたことは、2015年の十大ニュースに加えても良いほどの衝撃だった。
いやらしい考え方だが、視聴率から単純に計算すると全国で1千万人程度がこの会話を観ていた可能性があり、広告費用に置き換えれば数億円の効果があったとも言える。旅やグルメ番組ではなく、プライベート的な会話の中での紹介は、より印象度が高い。
稲葉さんが1年でもっとも印象に残った出来事として壱岐でのライブを挙げてくれたのは、「壱岐ベイベー」と呼ばれるB’zライブ歓迎委員会が、島を訪れた客を熱烈にもてなししたことに、B’zメンバーも感激したからだった。ファンの気持ちの高揚から「伝説の壱岐ライブ」と言われる一夜が生まれたのだ。
壱岐ベイベーは「島外から千人もの人が来てくれることは滅多にない。思い出に残る一夜にしてもらいたい」という有志の思いが広がったものだった。この思いに県振興局や市観光連盟などもバックアップを行った。まさに市民主導の地方創生の好例となった。
「一石を投じる」。静かな水面でも1つの石を投げると波紋ができて次第に大きく広がっていく。壱岐ベイベーはまさにそんな一石となった。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る