© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201512/15

湯ノ本温泉・平山旅館が日本秘湯を守る会に加盟

勝本町湯ノ本温泉の平山旅館(1947年創業、平山宏美代表)が1日、「日本秘湯を守る会」の会員宿に登録された。県内では雲仙市小浜町の旅館國崎に次いで2軒目、九州では15軒目の登録。
同会は日本の温泉の良さを保ち、環境保全に努める経営理念の下、交通の不便な温泉宿33軒で75年に設立。現在179軒が登録し、会員宿に期間内10回宿泊すると無料宿泊券を受け取れるサービスを実施。券の利用者は年間約1万4千人いる。
同旅館は昨年夏に推薦を受け、本部役員らが視察。「千年以上続く温泉の歴史を守っている」「センサーにより湯量のくみ上げを調節し、無駄な垂れ流しをしていない」「熱交換で発生するエネルギーで水道水を温め皿洗いなどに使用し、環境に配慮」などが評価。「離島は秘湯と同様に交通アクセスが悪い」ことも考慮されて、正会員と認められた。
若女将の平山真希子さんは「九州は秘湯の宿が少なく、しかも離島の温泉は珍しい。同会のファンに壱岐に来てもらうことで、来島者が夏の3分の1の冬場の活性化につながるのではないか」と期待を膨らませている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

201911/15

女子・芦辺が中学統合後の最高順位4位で入賞。県中総体駅伝大会

県中学総体の第61回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第36回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

ページ上部へ戻る