© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命ノンコノユメ チャンピオンズC

チャンピオンズCはコパノリッキー、ホッコータルマエというダート界両巨頭による6度目の直接対決が注目されている。コパノリッキーはJBCクラシックを逃げ切り圧勝。当時は休み明けで3着だったホッコータルマエも使われて確実に変わってくる。この2頭が強力であることは百も承知している。
その両巨頭に割って入ると期待していたアウォーディーは賞金不足で除外されてしまった。ますます両頭による一騎打ちムードは高まってきているが、それでも敢えて本命に推したいのは3歳馬ノンコノユメだ。
この4連勝はまさに圧巻の内容。1頭だけ、とてもダート戦とは思えないような強烈な末脚で差し切り勝ちを決めた。2走前は先行馬が圧倒的に有利な大井で、前走は古馬相手に58㌔を背負ってのレースで、その価値は高い。この4連勝はいずれもルメール騎手が騎乗しており、脚の使いどころを完全に手の内に入れている。
今回は56㌔での出走。中京コースは初体験になるが、東京に次いで直線が長く、しかも直線は坂になっているタフなコースで、先行する両巨頭が早めに仕掛ければ、ノンコノユメの出番は十分にある。大舞台での世代交代に期待したい。
馬単、3連単の1着固定で、コパノリッキー、ホッコータルマエへの2点勝負とする。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20197/12

山口紗奈さんが最優秀賞。第69回中学生弁論大会

第69回社会を明るくする運動・中学生弁論大会(壱岐地区保護司会主催)が5日、壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市内4中学校から各2人、計8人が…

20197/12

全員協議会を原則公開に。

6月28日の市議会定例会6月議会最終日の閉会後、市議会全員協議会が開かれた。全員協議会が報道に対して公開されたのは、現体制では今回が初めての…

20197/12

ORCに業務改善勧告。不適切整備で約百便運航。8月5日までに報告義務。

国土交通省大阪航空局(川勝弘彦局長)は5日、オリエンタルエアブリッジ株式会社(ORC、本社・大村市、日野昭社長)に対して、飛行機の不適切な整…

20197/5

中小企業庁が重家酒造選定。はばたく中小企業300社

中小企業庁はこのほど、ITサービス導入、経営資源の有効活用などによる生産性向上、積極的な海外展開など様々な分野で活躍している中小企業・小規模…

20197/5

論議が必要な小学校統廃合。

文部科学省の調査によると1989年度に2万4608校だった公立小学校が、2018年度には1万9591校に20%減少した。小学校の統廃合は全国…

ページ上部へ戻る