© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命ノンコノユメ チャンピオンズC

チャンピオンズCはコパノリッキー、ホッコータルマエというダート界両巨頭による6度目の直接対決が注目されている。コパノリッキーはJBCクラシックを逃げ切り圧勝。当時は休み明けで3着だったホッコータルマエも使われて確実に変わってくる。この2頭が強力であることは百も承知している。
その両巨頭に割って入ると期待していたアウォーディーは賞金不足で除外されてしまった。ますます両頭による一騎打ちムードは高まってきているが、それでも敢えて本命に推したいのは3歳馬ノンコノユメだ。
この4連勝はまさに圧巻の内容。1頭だけ、とてもダート戦とは思えないような強烈な末脚で差し切り勝ちを決めた。2走前は先行馬が圧倒的に有利な大井で、前走は古馬相手に58㌔を背負ってのレースで、その価値は高い。この4連勝はいずれもルメール騎手が騎乗しており、脚の使いどころを完全に手の内に入れている。
今回は56㌔での出走。中京コースは初体験になるが、東京に次いで直線が長く、しかも直線は坂になっているタフなコースで、先行する両巨頭が早めに仕掛ければ、ノンコノユメの出番は十分にある。大舞台での世代交代に期待したい。
馬単、3連単の1着固定で、コパノリッキー、ホッコータルマエへの2点勝負とする。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る