© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命ノンコノユメ チャンピオンズC

チャンピオンズCはコパノリッキー、ホッコータルマエというダート界両巨頭による6度目の直接対決が注目されている。コパノリッキーはJBCクラシックを逃げ切り圧勝。当時は休み明けで3着だったホッコータルマエも使われて確実に変わってくる。この2頭が強力であることは百も承知している。
その両巨頭に割って入ると期待していたアウォーディーは賞金不足で除外されてしまった。ますます両頭による一騎打ちムードは高まってきているが、それでも敢えて本命に推したいのは3歳馬ノンコノユメだ。
この4連勝はまさに圧巻の内容。1頭だけ、とてもダート戦とは思えないような強烈な末脚で差し切り勝ちを決めた。2走前は先行馬が圧倒的に有利な大井で、前走は古馬相手に58㌔を背負ってのレースで、その価値は高い。この4連勝はいずれもルメール騎手が騎乗しており、脚の使いどころを完全に手の内に入れている。
今回は56㌔での出走。中京コースは初体験になるが、東京に次いで直線が長く、しかも直線は坂になっているタフなコースで、先行する両巨頭が早めに仕掛ければ、ノンコノユメの出番は十分にある。大舞台での世代交代に期待したい。
馬単、3連単の1着固定で、コパノリッキー、ホッコータルマエへの2点勝負とする。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る