© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201511/27

2千円の高級駅弁「壱岐弁」 旅行会社関係者270人にPR 

壱岐の「食の魅力」を高級駅弁で島外にアピールする「壱岐弁プロジェクト」(壱岐振興局企画)が始動した。18日に長崎市で開催されたディスティネーションキャンペーン(DC)全国宣伝販売促進会議に出席した全国の旅行会社関係者270人に、博多駅から長崎駅までの列車内で提供された。
同プロジェクトは壱岐振興局地域づくり推進課が音頭を取り、市農協、各漁協、観光連盟などに協力を呼びかけて始まった。
同課は「壱岐は、壱岐牛、米、野菜、海産物など恵まれた食材が豊富にある一方、素材のままの出荷がほとんどで、加工して付加価値を付けた島外への売込みが不足している」と、高級弁当「壱岐弁」を島外で発売することで、壱岐の知名度アップにつなげ、島内の雇用創出、所得向上を目指している。
ビューホテル壱岐の協力で完成した「彩り御膳・壱岐弁」は、壱岐牛ローストビーフ、サワラの西京焼き、イカブリバーグ、アワビしゅうまい、うにめしなど9品目で、販売する場合の価格は2千円に設定した。
DC関係者に対しては味・量、品数、価格、壱岐らしさなどについてアンケートを実施。詳細な集計は今後行うが「『おいしかった』『壱岐にこんな食材があることを知らなかった』という声が多く、『今後のツアーにこの弁当を組み込みたい』というありがたい言葉も頂いた。料理の詳細なお品書きを付けたことが好評だった」と同課は手応えを感じ取っていた。
今後は、アンケートなどを参考にメニューや容器などを再構築。外部アドバイザーの意見も聞き、単品メニューの開発、大手百貨店催事のイベント出展、製造業者の選定なども含め、来年度中に軌道に乗せることを目指している。
最終目標としては1日5百食の販売で、原材料価格、人件費、利益のトータルで年間約2億2千万円の外貨が島内に落ちることを目論んでいる。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る