© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201511/27

2千円の高級駅弁「壱岐弁」 旅行会社関係者270人にPR 

壱岐の「食の魅力」を高級駅弁で島外にアピールする「壱岐弁プロジェクト」(壱岐振興局企画)が始動した。18日に長崎市で開催されたディスティネーションキャンペーン(DC)全国宣伝販売促進会議に出席した全国の旅行会社関係者270人に、博多駅から長崎駅までの列車内で提供された。
同プロジェクトは壱岐振興局地域づくり推進課が音頭を取り、市農協、各漁協、観光連盟などに協力を呼びかけて始まった。
同課は「壱岐は、壱岐牛、米、野菜、海産物など恵まれた食材が豊富にある一方、素材のままの出荷がほとんどで、加工して付加価値を付けた島外への売込みが不足している」と、高級弁当「壱岐弁」を島外で発売することで、壱岐の知名度アップにつなげ、島内の雇用創出、所得向上を目指している。
ビューホテル壱岐の協力で完成した「彩り御膳・壱岐弁」は、壱岐牛ローストビーフ、サワラの西京焼き、イカブリバーグ、アワビしゅうまい、うにめしなど9品目で、販売する場合の価格は2千円に設定した。
DC関係者に対しては味・量、品数、価格、壱岐らしさなどについてアンケートを実施。詳細な集計は今後行うが「『おいしかった』『壱岐にこんな食材があることを知らなかった』という声が多く、『今後のツアーにこの弁当を組み込みたい』というありがたい言葉も頂いた。料理の詳細なお品書きを付けたことが好評だった」と同課は手応えを感じ取っていた。
今後は、アンケートなどを参考にメニューや容器などを再構築。外部アドバイザーの意見も聞き、単品メニューの開発、大手百貨店催事のイベント出展、製造業者の選定なども含め、来年度中に軌道に乗せることを目指している。
最終目標としては1日5百食の販売で、原材料価格、人件費、利益のトータルで年間約2億2千万円の外貨が島内に落ちることを目論んでいる。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201910/18

「ミライon図書館」大村市に5日開館。

長崎県と大村市が共同で運営する県市一体型図書館「ミライon図書館」が5日、JR大村駅近くに開館した。鉄筋造り6階建てで、併設された大村市歴史…

201910/18

台風の事前情報充実を。

台風19号が東日本を中心に甚大な被害をもたらした。台風の発生当時から被害を心配していた。インターネット上でも情報が多く掲載され、気象庁も事前…

201910/18

ケーブルテレビ移行が合意。ID・パスワードなど変更なし(但し、利用者は同意書提出が必要)。

混迷していた市ケーブルテレビ施設指定管理者の移行問題について市は15日、現指定管理者の関西ブロードバンド株式会社(神戸市、三須久社長)との間…

201910/11

女子・芦辺、男子・勝本が優勝。市中体連駅伝競走大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子56回、女子39回)は、台風接近のため1日順延した4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍…

201910/11

壱岐土産にかんぼこ開発を。

9月27~29日に行われた「壱岐トライアル逆参勤交代」で、首都圏に勤務する10人が壱岐でのリゾートワーク環境を下見し、様々な提言を行った。わ…

ページ上部へ戻る