© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

仏馬イラプトに注目 第35回ジャパンC

ジャパンCは東京2400㍍というコースからも紛れが少なく、予想を得意にしているレースの一つなのだが、今年のメンバーは難解だ。
近走成績ではラブリーデイなのだろうが、この重賞4連勝で2着に退けた馬はマジェスティハーツ、デニムアンドルビー、サウンズオブアース、ステファノスと決して超一流馬ではなく、相手に恵まれていた感も否めない。強いことは認めても、まだ絶対的な王者としての風格が不足している。実績では断然のゴールドシップにはスタートの不安がつきまとっている。脚質的には得意なはずの東京コースだが、共同通信杯勝ちはあるが、ダービー5着、一昨年のジャパンC15着に大敗している。3歳牝馬女王のミッキークイーンの素質の高さも素晴らしいが、まだキャリア7戦で、初の古馬との対決がジャパンCというのは53㌔の重量でも荷が重い。
日本馬に一長一短が見られるだけに、今回は思い切って外国馬を狙ってみたい。ジャパンCでは9年連続で日本馬が勝っており、「もう日本馬は外国馬に負けない」と思っているファンも多いかもしれないが、10年前のアルカセットはGⅠ1勝の成績で来日して、ハーツクライ、ゼンノロブロイを破って日本レコード勝ちしている。本気で臨んできた外国馬はやはり侮れない。
来日した4頭の外国馬はいずれも一癖二癖ある不気味さを持っているが、買ってみたいのはフランスの3歳馬イラプトだ。6戦4勝で前走は凱旋門賞5着。4着トレヴとは1馬身半差だった。日本馬が今年の凱旋門賞に遠征したとして5着以内に入れた馬はいなかったのではないだろうか。父は現在の世界最高峰種牡馬ドバウィ、母の父は日本の馬場への高い適性が示されているカーリアン。さらに、いまは世界中が「フランスを応援しよう」という空気になっている。
人気は日本馬に集中するだけに、イラプトから馬連で幅広く流したい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る