© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

仏馬イラプトに注目 第35回ジャパンC

ジャパンCは東京2400㍍というコースからも紛れが少なく、予想を得意にしているレースの一つなのだが、今年のメンバーは難解だ。
近走成績ではラブリーデイなのだろうが、この重賞4連勝で2着に退けた馬はマジェスティハーツ、デニムアンドルビー、サウンズオブアース、ステファノスと決して超一流馬ではなく、相手に恵まれていた感も否めない。強いことは認めても、まだ絶対的な王者としての風格が不足している。実績では断然のゴールドシップにはスタートの不安がつきまとっている。脚質的には得意なはずの東京コースだが、共同通信杯勝ちはあるが、ダービー5着、一昨年のジャパンC15着に大敗している。3歳牝馬女王のミッキークイーンの素質の高さも素晴らしいが、まだキャリア7戦で、初の古馬との対決がジャパンCというのは53㌔の重量でも荷が重い。
日本馬に一長一短が見られるだけに、今回は思い切って外国馬を狙ってみたい。ジャパンCでは9年連続で日本馬が勝っており、「もう日本馬は外国馬に負けない」と思っているファンも多いかもしれないが、10年前のアルカセットはGⅠ1勝の成績で来日して、ハーツクライ、ゼンノロブロイを破って日本レコード勝ちしている。本気で臨んできた外国馬はやはり侮れない。
来日した4頭の外国馬はいずれも一癖二癖ある不気味さを持っているが、買ってみたいのはフランスの3歳馬イラプトだ。6戦4勝で前走は凱旋門賞5着。4着トレヴとは1馬身半差だった。日本馬が今年の凱旋門賞に遠征したとして5着以内に入れた馬はいなかったのではないだろうか。父は現在の世界最高峰種牡馬ドバウィ、母の父は日本の馬場への高い適性が示されているカーリアン。さらに、いまは世界中が「フランスを応援しよう」という空気になっている。
人気は日本馬に集中するだけに、イラプトから馬連で幅広く流したい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/10

壱岐定期公演「旅・はるかなる壱岐」。未来座

劇団未来座・壱岐は2日、一支国博物館3階多目的ホールで、第5回定期公演「旅・はるかなる壱岐~小山弥兵衛を救え~」(原作・柴田東一郎、西瀬英一…

20188/10

食育推進に給食の活用を。

7月31日に長崎市内で、長崎県食育推進県民会議が開催された。社会環境や世帯構造が変化し、食に起因する生活習慣病、食や食文化に関する意識の希薄…

20188/10

長島が小型ポンプ県初優勝。芦辺ポンプ車は全国出場逃す。消防操法県大会

第34回長崎県消防操法大会(県、県消防協会主催)が5日、大村市の県消防学校で開催され、小型ポンプの部で本市代表の郷ノ浦地区第7分団2部(長島…

20188/3

初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会

第43回交通安全子供自転車長崎県大会が7月24日、長崎市の県立総合体育館で開かれ、壱岐地区代表として37年連続出場した初山小学校が、団体戦出…

20188/3

人口減少対策に定住促進策を。

県内の首長らが県と意見交換を行って課題解決に臨む「長崎!県市町スクラムミーティング」が7月19日、長崎市内で開かれ、本市からも白川博一市長、…

ページ上部へ戻る