© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

仏馬イラプトに注目 第35回ジャパンC

ジャパンCは東京2400㍍というコースからも紛れが少なく、予想を得意にしているレースの一つなのだが、今年のメンバーは難解だ。
近走成績ではラブリーデイなのだろうが、この重賞4連勝で2着に退けた馬はマジェスティハーツ、デニムアンドルビー、サウンズオブアース、ステファノスと決して超一流馬ではなく、相手に恵まれていた感も否めない。強いことは認めても、まだ絶対的な王者としての風格が不足している。実績では断然のゴールドシップにはスタートの不安がつきまとっている。脚質的には得意なはずの東京コースだが、共同通信杯勝ちはあるが、ダービー5着、一昨年のジャパンC15着に大敗している。3歳牝馬女王のミッキークイーンの素質の高さも素晴らしいが、まだキャリア7戦で、初の古馬との対決がジャパンCというのは53㌔の重量でも荷が重い。
日本馬に一長一短が見られるだけに、今回は思い切って外国馬を狙ってみたい。ジャパンCでは9年連続で日本馬が勝っており、「もう日本馬は外国馬に負けない」と思っているファンも多いかもしれないが、10年前のアルカセットはGⅠ1勝の成績で来日して、ハーツクライ、ゼンノロブロイを破って日本レコード勝ちしている。本気で臨んできた外国馬はやはり侮れない。
来日した4頭の外国馬はいずれも一癖二癖ある不気味さを持っているが、買ってみたいのはフランスの3歳馬イラプトだ。6戦4勝で前走は凱旋門賞5着。4着トレヴとは1馬身半差だった。日本馬が今年の凱旋門賞に遠征したとして5着以内に入れた馬はいなかったのではないだろうか。父は現在の世界最高峰種牡馬ドバウィ、母の父は日本の馬場への高い適性が示されているカーリアン。さらに、いまは世界中が「フランスを応援しよう」という空気になっている。
人気は日本馬に集中するだけに、イラプトから馬連で幅広く流したい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201612/6

NHKラジオ公開収録 橋幸夫、門倉有希が出演

壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)落成20周年記念としてNHKラジオ「ふるさと自慢うた自慢」の公開収録が11月25日、同ホールで行われ、橋幸夫…

syasetsu

201612/6

社説・野犬対策で住みやすい街づくりを

地方の人口減少対策として都会の人の田舎への移住が注目されているが、なかなか定住に結びつかないという問題が全国で起きている。買い物などの不便さ…

iki

201612/6

40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団

コール・リーベ女声合唱団の40周年記念コンサートが11月26日に壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市民ら約3百人が鑑賞した。 同団は1975…

iki

201612/6

長岡秀星さん最古の作品発見 高校同級生・篠崎さんが寄贈 7日まで一支国博物館の追悼展で展示

小学校2年から高校卒業までを疎開先の壱岐で過ごした画家・イラストレーターの長岡秀星さん(昨年6月死去、享年78)が遺した最古の未発表作品がこ…

%e5%8f%8e%e7%a9%ab%e7%a5%ad%ef%bc%88%e6%ad%8c%e3%81%84%e8%b8%8a%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e9%a3%9f%e8%82%b2%e8%ac%9b%e7%be%a9%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e8%82%b2%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a8%98

201611/15

育ドル娘が歌・踊り披露 原の辻ガイダンス収穫祭

原の辻一支国王都復元公園「古代米づくり」の秋の収穫祭と原の辻ウォーク2016が5日、原の辻ガイダンスなどで行われた。 復元公園を散策する原…

ページ上部へ戻る