© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

仏馬イラプトに注目 第35回ジャパンC

ジャパンCは東京2400㍍というコースからも紛れが少なく、予想を得意にしているレースの一つなのだが、今年のメンバーは難解だ。
近走成績ではラブリーデイなのだろうが、この重賞4連勝で2着に退けた馬はマジェスティハーツ、デニムアンドルビー、サウンズオブアース、ステファノスと決して超一流馬ではなく、相手に恵まれていた感も否めない。強いことは認めても、まだ絶対的な王者としての風格が不足している。実績では断然のゴールドシップにはスタートの不安がつきまとっている。脚質的には得意なはずの東京コースだが、共同通信杯勝ちはあるが、ダービー5着、一昨年のジャパンC15着に大敗している。3歳牝馬女王のミッキークイーンの素質の高さも素晴らしいが、まだキャリア7戦で、初の古馬との対決がジャパンCというのは53㌔の重量でも荷が重い。
日本馬に一長一短が見られるだけに、今回は思い切って外国馬を狙ってみたい。ジャパンCでは9年連続で日本馬が勝っており、「もう日本馬は外国馬に負けない」と思っているファンも多いかもしれないが、10年前のアルカセットはGⅠ1勝の成績で来日して、ハーツクライ、ゼンノロブロイを破って日本レコード勝ちしている。本気で臨んできた外国馬はやはり侮れない。
来日した4頭の外国馬はいずれも一癖二癖ある不気味さを持っているが、買ってみたいのはフランスの3歳馬イラプトだ。6戦4勝で前走は凱旋門賞5着。4着トレヴとは1馬身半差だった。日本馬が今年の凱旋門賞に遠征したとして5着以内に入れた馬はいなかったのではないだろうか。父は現在の世界最高峰種牡馬ドバウィ、母の父は日本の馬場への高い適性が示されているカーリアン。さらに、いまは世界中が「フランスを応援しよう」という空気になっている。
人気は日本馬に集中するだけに、イラプトから馬連で幅広く流したい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る