© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

軸に信頼ラキシス エリザベス女王杯

今秋のGⅠは、相手の選択でミスはあるものの、軸は外さないで来ている。エリザベス女王杯もしっかり軸を選んでいきたい。
この3戦は8、5、4着とやや不振に見えるラキシスだが、牡馬一線級相手に互角の競馬を見せており、悲観するほど悪い内容ではない。何と言っても昨年の覇者であり、このコース・距離で実績を残している点が見逃せない。今回はムーア騎手に乗り替わるが、スノーフェアリーで同レースを連覇しているようにコースは熟知しているし、世界的な名手だけに不安材料にはならない。軸として信頼したい。
相手はやはり実力上位のヌーヴォレコルトだ。昨年はラキシスに切れ負けして2着だったが、やや時計が掛かるようならあっさり逆転しても不思議ではない。
素質面では上記2頭にまったく見劣らない3歳ルージュバックだが、古馬一線級相手に休み明けの不利は大きく、単穴候補にとどめたい。押さえはスマートレイアー、タッチングスピーチで、馬連5点で勝負する。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を…

20202/7

最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

壱岐焼酎料理レシピコンテスト(壱岐みらい創りサイト、同実行委員会主催)が2日、壱岐の島ホールで開かれ、22点の応募から書類選考を通った5点(…

20202/7

瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。

瀬戸地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、壱岐市の新たな地域…

ページ上部へ戻る