© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命はリアファル 第76回菊花賞

秋華賞はオークス馬ミッキークイーンが貫録を見せたが、菊花賞は春の2冠馬ドゥラメンテが故障で、主役不在の様相を呈している。
菊花賞を過去のデータからひも解くと、神戸新聞杯組が圧倒的な成績を残している。過去10年で勝ち馬は9頭。3着までの30頭中21頭が前走神戸新聞杯に出走しており、このうち18頭が5着以内に好走していた。また血統的に見ると、超スローペース、上がり高速決着になっても、意外にステイヤー血統が好成績を挙げている。
本命は神戸新聞杯勝ち馬リアファル。逃げ馬だけにペース・展開に左右されがちだが、名手ルメールなら安心して見ていられる。ゼンノロブロイ×エルコンドルパサーの配合も、スタミナ色が濃い。
1番人気濃厚なリアルスティールの実力は認めるが、ディープインパクト×ストームキャットの配合は、同じキズナが天皇賞春で2度凡走している。・距離適性は同じディープ産駒でもサトノラーゼンノ方が高い。時計が遅くなればブライトエンブレム、ベルーフ、マサハヤドリーム、レッドソロモンらも差のない競馬になる。
馬券はリアファル、サトノラーゼンの2頭軸に、リアルスティールと他の伏兵を絡めた3連単で楽しんでみたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る