© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命はリアファル 第76回菊花賞

秋華賞はオークス馬ミッキークイーンが貫録を見せたが、菊花賞は春の2冠馬ドゥラメンテが故障で、主役不在の様相を呈している。
菊花賞を過去のデータからひも解くと、神戸新聞杯組が圧倒的な成績を残している。過去10年で勝ち馬は9頭。3着までの30頭中21頭が前走神戸新聞杯に出走しており、このうち18頭が5着以内に好走していた。また血統的に見ると、超スローペース、上がり高速決着になっても、意外にステイヤー血統が好成績を挙げている。
本命は神戸新聞杯勝ち馬リアファル。逃げ馬だけにペース・展開に左右されがちだが、名手ルメールなら安心して見ていられる。ゼンノロブロイ×エルコンドルパサーの配合も、スタミナ色が濃い。
1番人気濃厚なリアルスティールの実力は認めるが、ディープインパクト×ストームキャットの配合は、同じキズナが天皇賞春で2度凡走している。・距離適性は同じディープ産駒でもサトノラーゼンノ方が高い。時計が遅くなればブライトエンブレム、ベルーフ、マサハヤドリーム、レッドソロモンらも差のない競馬になる。
馬券はリアファル、サトノラーゼンの2頭軸に、リアルスティールと他の伏兵を絡めた3連単で楽しんでみたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/24

7競技に5百人出場。市中体連球技・剣道大会

第69回市中体連球技・剣道大会が18、19日、市内各会場で7競技が行われ、4中学から約5百人が出場。県中学総体(7月27~29日)に出場する…

20195/24

イルカ以外の魅力探求を。

リニューアルオープンしたばかりの壱岐イルカパークで3日、イルカ1頭が死亡した。外傷、誤飲をした形跡はなく、現在、詳しい病理検査をしている。悲…

20195/24

国立科学博物館「大哺乳類展2」に壱岐の知能。本市出身、和田直己教授が監修。

壱岐高校出身で山口大学共同獣医学部で獣医生体システム科学分野の研究をしている和田直己教授(61)が、6月16日まで東京・国立科学博物館で開催…

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

ページ上部へ戻る