© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

本命はリアファル 第76回菊花賞

秋華賞はオークス馬ミッキークイーンが貫録を見せたが、菊花賞は春の2冠馬ドゥラメンテが故障で、主役不在の様相を呈している。
菊花賞を過去のデータからひも解くと、神戸新聞杯組が圧倒的な成績を残している。過去10年で勝ち馬は9頭。3着までの30頭中21頭が前走神戸新聞杯に出走しており、このうち18頭が5着以内に好走していた。また血統的に見ると、超スローペース、上がり高速決着になっても、意外にステイヤー血統が好成績を挙げている。
本命は神戸新聞杯勝ち馬リアファル。逃げ馬だけにペース・展開に左右されがちだが、名手ルメールなら安心して見ていられる。ゼンノロブロイ×エルコンドルパサーの配合も、スタミナ色が濃い。
1番人気濃厚なリアルスティールの実力は認めるが、ディープインパクト×ストームキャットの配合は、同じキズナが天皇賞春で2度凡走している。・距離適性は同じディープ産駒でもサトノラーゼンノ方が高い。時計が遅くなればブライトエンブレム、ベルーフ、マサハヤドリーム、レッドソロモンらも差のない競馬になる。
馬券はリアファル、サトノラーゼンの2頭軸に、リアルスティールと他の伏兵を絡めた3連単で楽しんでみたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種…

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国…

20199/13

わたらキラキラズが初優勝。一支國幼児相撲大会

第22回一支國幼児相撲大会(同実行委員会主催)が7日、壱岐島総合開発センター全天候型多目的施設で開催され、9幼稚園・8保育所・1こども園から…

20198/30

壱岐高校生徒が成果発表。SDGs地域連携フォーラム

国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の推進に九州地区で取り組み、国の「SDGs未来都市」に選定されている本市、福岡県北九州市、熊本県小…

20198/30

ネット再構築は大丈夫か。

市ケーブルテレビの指定管理者引継問題は、まさに泥沼の様相を呈している。 市は市議会8月定例会にケーブル施設再構築事業として6億6千万円…

ページ上部へ戻る