© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

◎タッチングスピーチ 第20回秋華賞

秋のGⅠ第1弾・スプリンターズSは幸先の良いスタートが切れた「競馬よもやま話」。第2弾秋華賞は比較的絞りやすいだけに、少ない購入点数で大きな儲けを狙いたい。
以前は競馬も「女心と秋の空」と言われていたように、牝馬は好不調の波が激しく、状態を把握するのが難しいと言われていた。だが育成・調教技術の進歩などにより、いまではむしろ牡馬よりも潜在的に健康な牝馬の方が、安定した成績を残せるようになってきた。ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ストレイトガールのように能力がそのまま結果に結びついている。
能力、調子をそのまま評価すれば、中心はトライアル・ローズSを制したタッチングスピーチになる。8月に500万条件を勝ち上がったばかりだが、ローズSで2着ミッキークイーンにつけた1馬身半差は、勝ちタイム1分45秒2の高速馬場を考えると決定的な差だったと言える。鞍上もルメールなら安心だ。
相手本線はやはりオークス馬ミッキークイーン。休み明けのローズSをひと叩きして、状態は確実に上がっている。トーセンビクトリー、レッツゴードンキは確実な走りが期待でき、連下には外せない。穴ならアンドリエッテ、ココロノアイ、ディープジュエリーの3頭。タッチングスピーチから馬単で勝負したい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/14

九州政財界トップが集結。長崎IRを九州一体で支援。九州知事会議・戦略会議

第153回九州地方知事会議(会長・広瀬勝貞大分県知事)、第35回九州地域戦略会議(共同議長・広瀬知事、麻生泰九州経済連合会会長)が4、5日、…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

ページ上部へ戻る