© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

◎タッチングスピーチ 第20回秋華賞

秋のGⅠ第1弾・スプリンターズSは幸先の良いスタートが切れた「競馬よもやま話」。第2弾秋華賞は比較的絞りやすいだけに、少ない購入点数で大きな儲けを狙いたい。
以前は競馬も「女心と秋の空」と言われていたように、牝馬は好不調の波が激しく、状態を把握するのが難しいと言われていた。だが育成・調教技術の進歩などにより、いまではむしろ牡馬よりも潜在的に健康な牝馬の方が、安定した成績を残せるようになってきた。ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ストレイトガールのように能力がそのまま結果に結びついている。
能力、調子をそのまま評価すれば、中心はトライアル・ローズSを制したタッチングスピーチになる。8月に500万条件を勝ち上がったばかりだが、ローズSで2着ミッキークイーンにつけた1馬身半差は、勝ちタイム1分45秒2の高速馬場を考えると決定的な差だったと言える。鞍上もルメールなら安心だ。
相手本線はやはりオークス馬ミッキークイーン。休み明けのローズSをひと叩きして、状態は確実に上がっている。トーセンビクトリー、レッツゴードンキは確実な走りが期待でき、連下には外せない。穴ならアンドリエッテ、ココロノアイ、ディープジュエリーの3頭。タッチングスピーチから馬単で勝負したい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/16

女子郷ノ浦7位、男子勝本10位。県中学総体駅伝競走大会

県中学総体の第60回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第35回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201811/16

交通マナーの徹底を。

先日、交通安全協会の優良運転者表彰を取材した際、2人の受賞者が口を揃えて指摘していたことが「壱岐のドライバーはマナーが悪い」というものだった…

201811/16

白川市長と中村知事、滑走路延長で論戦。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が12日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、小金丸益明市議会議長、山本啓介県議らが、県からは中村…

201811/9

満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会

一支国博物館の特別企画展「しまごと芸術祭2018」の一環で1日、落語公演「三遊亭歌之介独演会」が3階多目的ホールで開かれ、180席が満席とな…

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経…

ページ上部へ戻る