© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201510/6

社説・先端技術を人口減少対策に

壱岐で暮らすようになって3年半近くが経過した。地域の人たちにも温かくして頂き、快適な生活を送らせてもらっている。
だがやはり離島ならでの不便さを感じることもある。ネット、通信販売で買い物をする時は特にその思いが強い。生活必需品は地元の商店でほとんど揃えられるが、やはり取り寄せが必要な品もある。そんな時、数千円の買い物をするのに「離島は送料千円プラス」とか、「離島・沖縄には発送しません」などという注意書きがされているのを見ると、「同じ日本なのに」「狭い国土なのに」と理不尽さを感じずにはいられない。
先日、経済産業省が準天頂衛星を利用し、「ドローン」などの小型無人機で離島に物資を配送する実証実験を来年からスタートするというニュースを見た。実験で安全性などが確認されれば、航空法の例外規定として認可し、無人機による物資運搬ができるようにするという。安倍政権が地方創生を掲げる中、人口の少ない農村や離島などの物流の改善につなげたい考えだ。
実験計画は、静岡県熱海市の沿岸から初島までの約10キロの距離を、小型無人機で荷物を運搬する。荷物の重さは約10キロを想定しており、ドローンやヘリコプター型の小型無人機などを用いて安全かつ正確に運搬できるかを探る。海外での実験などを見ると、50㌔弱の博多~壱岐間の輸送も不可能ではない。
米国では通販大手アマゾンが連邦航空局からドローンの商用飛行の研究に対する承認を今年3月に取得した。「アマゾンプライムエア構想」では30分以内の配達は、将来的にドローンでの配達を行うことによって、大幅なコストダウンを目論んでいる。
博多~壱岐間のドローン配達が実現するにはまだ数十年かかるかもしれないが、人口減少対策も数十年後を見越した計画が立てられている。先端技術の進歩を想定した夢の計画を、市人口減少対策、市総合計画の長期目標に盛り込んでいくことも、また必要なことではないだろうか。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る