© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

314人が新成人 夢、自覚、感謝を胸に

成人式(誓いの言葉を述べた平畑さん)

市成人式が12日、壱岐文化ホールで開催され、新成人314人(男161、女153=市内在住者と市外在住の申込者)のうち280人(男144、女136)が出席し、門出を祝った。
白川博一市長は式辞で米沢藩主・上杉鷹山(ようざん)の名言である「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」を引用し「決して逃げ出さずに困難に立ち向かっていき、自分の人生は自分で築き上げていってもらいたい」と激励するとともに「故郷・壱岐は、いつでも皆さんを応援しています」と新成人にエールを贈った。
新成人を代表して郷ノ浦町の土谷仁人さん、勝本町の平畑瞳さんが誓いの言葉を表明。土谷さんは「高校卒業後、福岡で仕事をしているが、周りの支えがあったことでいまの自分があることを知った。支えてくれた人たちへの感謝の気持ちと、仲間との絆を忘れないようにしたい」、平畑さんは「いま診療情報管理士の勉強をしている。壱岐の医療の発展に貢献することが夢です」などと力強く語った。
また新成人代表として成人証書を授与された芦辺町の原田菜穂子さんは「証書を手にして、立派な、品のある大人になろうと、改めて決意しました」と晴れやかな表情を浮かべた。

成人式(芦辺地区)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る