© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

314人が新成人 夢、自覚、感謝を胸に

成人式(誓いの言葉を述べた平畑さん)

市成人式が12日、壱岐文化ホールで開催され、新成人314人(男161、女153=市内在住者と市外在住の申込者)のうち280人(男144、女136)が出席し、門出を祝った。
白川博一市長は式辞で米沢藩主・上杉鷹山(ようざん)の名言である「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」を引用し「決して逃げ出さずに困難に立ち向かっていき、自分の人生は自分で築き上げていってもらいたい」と激励するとともに「故郷・壱岐は、いつでも皆さんを応援しています」と新成人にエールを贈った。
新成人を代表して郷ノ浦町の土谷仁人さん、勝本町の平畑瞳さんが誓いの言葉を表明。土谷さんは「高校卒業後、福岡で仕事をしているが、周りの支えがあったことでいまの自分があることを知った。支えてくれた人たちへの感謝の気持ちと、仲間との絆を忘れないようにしたい」、平畑さんは「いま診療情報管理士の勉強をしている。壱岐の医療の発展に貢献することが夢です」などと力強く語った。
また新成人代表として成人証書を授与された芦辺町の原田菜穂子さんは「証書を手にして、立派な、品のある大人になろうと、改めて決意しました」と晴れやかな表情を浮かべた。

成人式(芦辺地区)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る