友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

314人が新成人 夢、自覚、感謝を胸に

成人式(誓いの言葉を述べた平畑さん)

市成人式が12日、壱岐文化ホールで開催され、新成人314人(男161、女153=市内在住者と市外在住の申込者)のうち280人(男144、女136)が出席し、門出を祝った。
白川博一市長は式辞で米沢藩主・上杉鷹山(ようざん)の名言である「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」を引用し「決して逃げ出さずに困難に立ち向かっていき、自分の人生は自分で築き上げていってもらいたい」と激励するとともに「故郷・壱岐は、いつでも皆さんを応援しています」と新成人にエールを贈った。
新成人を代表して郷ノ浦町の土谷仁人さん、勝本町の平畑瞳さんが誓いの言葉を表明。土谷さんは「高校卒業後、福岡で仕事をしているが、周りの支えがあったことでいまの自分があることを知った。支えてくれた人たちへの感謝の気持ちと、仲間との絆を忘れないようにしたい」、平畑さんは「いま診療情報管理士の勉強をしている。壱岐の医療の発展に貢献することが夢です」などと力強く語った。
また新成人代表として成人証書を授与された芦辺町の原田菜穂子さんは「証書を手にして、立派な、品のある大人になろうと、改めて決意しました」と晴れやかな表情を浮かべた。

成人式(芦辺地区)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る