© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20159/8

調整金増額に反対意見続出 市航路対策協議会

 市航路対策協議会が8月28日、市役所郷ノ浦庁舎で行われ、九州郵船から11月から来年1月までの燃油サーチャージが1ゾーンになることが報告された。
 同時期の燃油サーチャージを決定する7月の原油CIF価格が4万9413円で、同社が設定する基準の1ゾーン(4万4574~4万9573円)に入った。8~10月は0ゾーンで同チャージが無料だったが、11月からは博多便片道でフェリー110円、ジェットフォイル180円の調整金が料金に加算される。
 協議会では委員から「7~8月の乗船客数が好調なのだから、そのキャッシュバックを行っても良いのではないか」「燃油サーチャージのゾーン設定自体を見直すべき」「調整金によって大きく料金が変わると、旅行商品の競争力が落ちる」などの意見が出された。
 また同チャージ以外でも「欠航などの運行状況は現在、FAXで市や観光連盟に連絡されているが、九州郵船のホームページやSNSで直接発信すべき」「夏休み期間、ジェットフォイル待ちの行列に苦情が多かった。家族で席がバラバラになるケースもあった。指定席化を考えるべきだ」「旅客が減るシーズンオフ期は、冬季料金を導入するべき」など様々な意見が出された。
 会長を務める白川博一市長は「10月に再度、協議会を開催し、意見をまとめて、文書で九州郵船に申し入れる」との方針を示した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を…

20202/7

最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

壱岐焼酎料理レシピコンテスト(壱岐みらい創りサイト、同実行委員会主催)が2日、壱岐の島ホールで開かれ、22点の応募から書類選考を通った5点(…

20202/7

瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。

瀬戸地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、壱岐市の新たな地域…

ページ上部へ戻る