© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20159/8

調整金増額に反対意見続出 市航路対策協議会

 市航路対策協議会が8月28日、市役所郷ノ浦庁舎で行われ、九州郵船から11月から来年1月までの燃油サーチャージが1ゾーンになることが報告された。
 同時期の燃油サーチャージを決定する7月の原油CIF価格が4万9413円で、同社が設定する基準の1ゾーン(4万4574~4万9573円)に入った。8~10月は0ゾーンで同チャージが無料だったが、11月からは博多便片道でフェリー110円、ジェットフォイル180円の調整金が料金に加算される。
 協議会では委員から「7~8月の乗船客数が好調なのだから、そのキャッシュバックを行っても良いのではないか」「燃油サーチャージのゾーン設定自体を見直すべき」「調整金によって大きく料金が変わると、旅行商品の競争力が落ちる」などの意見が出された。
 また同チャージ以外でも「欠航などの運行状況は現在、FAXで市や観光連盟に連絡されているが、九州郵船のホームページやSNSで直接発信すべき」「夏休み期間、ジェットフォイル待ちの行列に苦情が多かった。家族で席がバラバラになるケースもあった。指定席化を考えるべきだ」「旅客が減るシーズンオフ期は、冬季料金を導入するべき」など様々な意見が出された。
 会長を務める白川博一市長は「10月に再度、協議会を開催し、意見をまとめて、文書で九州郵船に申し入れる」との方針を示した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る