© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/31

婚活イベント「ミライカレッジ壱岐」が本格始動 11月14・15日に女性20人来島

 地方創生の柱の一つとなる「婚活」が本市で本格的にスタートする。イオングループで結婚相手紹介サービス業を担当する株式会社ツヴァイが企画・運営する婚活イベント「ミライカレッジ壱岐」が、11月14、15日に壱岐市内で開催されることが決まり、19日に壱岐側の準備委員会であるイキイキお結び大作戦実行委員会第1回打ち合わせが、24日にはワークショップが開かれた。これまで市や商工会で開いた婚活イベントとはひと味違う“本気度”の高さが特徴で、ツヴァイの担当者は「10組以上のカップル成立ができる」と自信を見せている。
 一般財団法人地域社会ライフプラン協会主催の「ミライカレッジ」に壱岐を訪れる女性は東京、福岡から各10人の計20人。それに先立ち9月12日に東京・築地ふく竹本店(長崎県の食材を扱う料理店)で女性30人を集めるPRイベント「ミライカレッジ壱岐inTokyo」を実施。壱岐自慢の食材を味わってもらい、壱岐市独身男性軍の先行メンバーがVTRで壱岐の魅力などを紹介するほか、白川博一市長も出席してPRを行う。
 この事前イベントへの参加は「招待」ではなく、女性から6千円程度の会費を徴収する。また11月のイベント本番も、福岡からの往復船賃の5千円、東京からの参加者は東京~福岡往復旅費も実費で負担する。「遊び半分ではなく、本気で壱岐の男性と交際し、結婚して移住したいという強い意志を持っている女性を選ぶために、実費で参加してもらう。そのために事前にセミナーで、壱岐で暮らすことを実際にイメージしてもらう」とツヴァイの担当者は女性に対してイベント参加の動機付けを徹底する方針を示した。
 男性軍20人のうち、先行メンバーに選ばれた市商工会青年部・大内貴裕さん、市観光連盟・福高祐輔さん、市政策企画課・松尾剛太さんの3人は、24日のワークショップで髙田部長らとともに、9月12日のPRイベントでアピールする壱岐の魅力などについて詳細な打ち合わせを行い、11月の本番へ向けて着々と準備を進めている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201711/17

473人が還暦式出席。第二の人生をスタート。

全国で唯一、行政主導で還暦を祝う式典、壱岐市還暦式が10日、壱岐の島ホールで開かれた。1957年4月2日から58年4月1日生まれの市内在住者…

201711/17

元女子マラソン日本代表、加納由理さんが長距離指導。

県オリンピック・パラリンピック教育充実・啓発事業の一環でこのほど、元女子マラソン日本代表の加納由理さん(39)が壱岐高校で長距離走の指導と講…

201711/17

J1昇格V・ファーレンの今後。

サッカーJリーグのV・ファーレン長崎が、11日のカマタマーレ讃岐戦に3‐1で勝利し、シーズン残り1試合を残してJ1自動昇格の2位を確定した。…

201711/17

市民と委員にギャップ。原発再稼動に意見僅少。県原子力安全連絡会

県原子力安全連絡会(会長・豊永孝文県危機管理監)が7日、壱岐の島ホールで開かれ、九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)3、4号機の再稼動に…

201711/10

子どもたちの夢実現のために。

初山小学校が発行している「初小だより」に、「将来の夢(就きたい職業)」のアンケート結果が掲載されていた。 Q・将来就きたい仕事は何です…

ページ上部へ戻る