© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20158/19

石ころアート制作に140人 片岡朱央講師も発想に感激

一支国博物館は8日、現在開催中の特別企画展「よみがえった石コロたち展」の関連イベントとして「石コロdeアート」を開催。申し込みが殺到したため急きょ、午後の部も追加開催し、幼児から91歳の高齢者まで計140人が参加した。
イベントには東京から石ころアーティスト(自然石彩色意匠)で手描き友禅染め模様師の片岡朱央さん(77)が来島し、講師を務めた。片岡さんは「石ころアートは大自然を活かすもの。石に教えてもらうという受け身の気持ちが大切。素直な心で石を見つめていると、ヒントを与えてくれる。良い出会いがあるものです」と石ころアートの極意を伝授した。
参加者は7月25日に石田・塩津浜で行われた岩石採集の際に拾った玄武岩などから、イメージの沸いた石にポスターカラーやアクリル絵の具で、思い思いに絵付けを行い、富士山、葉っぱ、ホタル、あんパン、家族の顔などの作品を完成させた。
芦辺町の住田和代さん(58)は家で飼っているミドリガメの写真を持参。「博物館で用意してもらった石に、ちょうどカメの形があったので、迷わずに描きました」とカメの甲羅を裏表ともそっくりに再現し、片岡さんからも「これはすごい!!」と絶賛された。
山内真奈さん(志原小学校6年)は三角形の石で「ヒヨコ」を制作。「以前に東京土産でもらったお菓子の“ひよこ”にそっくりだと思ったので描きました。紙に描くのと違って難しかったけれど、立体的にできたのですごく楽しかった」と他にも次々に作品づくりに取り組んでいた。
片岡さんは「作品展をこのようなイベントと合わせて楽しんでもらえて、とてもうれしい。子どもたちの発想は本当に自由で、絵の幅は広いものだと教えられました」と合計5時間に渡って立ち続けて指導した疲れも見せずに喜んでいた。

石ころ(講師から絶賛された住田さん制作の「ミドリガメ」) 石ころ(自由な発想で描かれた子どもたちの作品) 石ころ(子どもたちを熱心に指導する片岡さん)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る