© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

横山みなみさんが優勝 壱岐高百人一首大会

百人一首(身を乗り出した札を取る生徒)

壱岐高校(野中光治校長、612人)で新春恒例の校内百人一首大会が10日に行われ、1~2年生324人が出場。今年から初めて虹の原特別支援学校高等部壱岐分教室(榊忠幸校長、6人)の生徒も詠み手を務めるなど大会に参加し、共催行事として実施された。
大会は1チーム5人以下のチーム編成をした団体戦と個人戦で、組み合わせを変えて2回戦で争われ、団体戦は学年上位2クラス、個人戦は全体の上位10人を表彰した。
33枚(1回戦13枚、2回戦20枚)を取り見事に優勝した横山みなみさん(2年3組)は「昨年は10位だったので、冬休み前に配られた百人一首のプリントを必死に憶えたり、友だちと問題を出し合うなどして、上位入賞を目指していました」と分厚くなった33枚の手札に満足そうな笑顔を浮かべた。
【個人戦】①横山みなみ(2年3組)33枚②里村佳祐(1年2組)30枚、中上陽奈(2年4組)30枚
【団体戦】▽1年生①1年1組(平均8・9枚)②1年2組(同8・2枚)▽2年生①2年3組(同10・3枚)②2年1組(同9・1枚)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

201911/15

女子・芦辺が中学統合後の最高順位4位で入賞。県中総体駅伝大会

県中学総体の第61回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第36回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

ページ上部へ戻る