© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20141/31

壱岐出身2選手が優勝目指す バレーボール・山川賢祐

国体・山川さん(国体での優勝を目指す山川さん)

★バレーボール成年男子
山川 賢祐選手
‐いよいよ長崎国体が迫ってきた。
▽山川 下手な試合はできない、優勝しないといけないというプレッシャーはありますね。
‐県代表チームはいつ頃から合同練習をスタートさせるのか。
▽山川 長崎では教員チームが年間を通して活動しているので、そこが母体となって、召集する大学生、実業団の選手が決まったら合同練習に入ります。昨年の東京大会は7月から練習に入ったのですが、僕は直前になって出られない選手が出て、急に召集されたので、やや準備不足だったかもしれません。今年は5~6月には召集されると思いますし、地元開催で九州予選が免除されるので、準備期間は十分にあると思います。
‐その東京国体は1回戦での敗退だったが、相手は準優勝した広島で、1セット目を先取する健闘だった。
▽山川 強かったです。2セット目が28‐30で落としたのが悔しかったですね。あの接戦を取っておけば、とは思います。もっとレベルを高めていかなければなりませんが、今回は優勝できる可能性があると思っています。少年男子は後輩の大村工、少年女子は九州文化が頑張ってくれるはずで、総合優勝を狙っています。
‐武生水中からバレーの名門・大村工に進んで、ずいぶんと苦労したのでは。
▽山川 寂しさはなかったですね。そんなことを考える余裕がないほど、練習がキツかったし、すべて自分でやらなければならないので生活も大変でした。部員が60人もいて、まったく無名だったので最初は1軍に入れなかったのですが、ラッキーなことがありました。GWに1軍が遠征している時、居残り組の練習をたまたま先輩の朝長孝介さん(北京五輪のセッター)が見に来て、僕に注目してくれたのです。監督にも推薦してもらい、そのおかげて1年生からレギュラーになれました。
‐身長183㌢は、一般からすれば高いが、バレーボール界では低い方なのでは。
▽山川 中学時代はブロックの上から打ち抜いていましたが、いまはそうはいかない。でも、わざとブロックに当ててアウトを狙うなど、技術を高めています。
‐離島出身のハンデを感じたことはないか。
▽山川 自信を持ってやっていけば、ハンデなんて感じないのでは。僕が大村工に進んだことで、1年下の石田中だった横山與も入ってきて、道を開いたのかな、という気持ちはあります。
‐山川さんも将来は教員志望。
▽山川 中学の体育教員を目指しています。なかなか採用がないのですが、ぜひ壱岐に戻って教員をしたいと思っています。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る