© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20157/14

盛大に創立20周年を祝う 関西壱岐の会記念総会・懇親会

関西壱岐の会(立石英隆会長)の創立20周年記念総会が6月28日、大阪リバーサイドホテルで開催され、本市から眞鍋陽晃総務部長ら、各地壱岐の会や在阪長崎県人会など、総勢200人を超す参加者で盛り上がった。
総会は、会長職を8年間務めた立石会長の退任、替わって第5代会長に芦辺町那賀出身の斎藤肇さんを選任することを承認した。
ショータイムは元宝塚雪組・星組娘役トップスターで、現在は俳優の東千晃がライブショーを披露。国酒壱岐焼酎一斗樽の鏡開きを、山内賢明県酒造協同組合理事長、伊豆平壱岐酒造協同組合理事長ら5人が揃いのハッピで、会場のかけ声に合わせ一斉に木槌を打ち下ろし、長嶋立身市観光連盟会長の発声で乾杯した。
懇親会会場は会旗や大漁旗、壱岐の観光ポスターなどで飾られ、物産品販売や瀬戸出身で大阪で壱岐料理を出している女将さんが作った数々の郷土料理には、会員の行列ができた。
関西壱岐の会テーマソングを作詞した勝本出身の辻衛さんと、歌手の大知直樹さんが自作の「太陽の島『壱岐』」などを合唱。抽選会ではメロン、壱岐牛、勝本朝市の干物や高級焼酎など豪華な品物など豪華景品が用意された。
目良恒郎副会長は「参加した会員が来年、友人を連れて来てくれればありがたいし、私たちも新しい会員の発掘と育成に努め、この会が更に発展し連綿と続くよう今を大切に次代に繋げたい」と話した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る