© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/28

社説・いまこそ戦略的な観光計画を

1面記事で紹介したように、今夏の県内宿泊に3千円のクーポン券が利用できることになった。1泊2食7千円の旅館に宿泊すれば、支払額は4千円。8~10月は燃油サーチャージが無料となるので、フェリー2等料金は博多から往復3960円。しまとく通貨1万2千円分を1万円で購入すれば、約4千円分を昼食や土産購入に使用できる。福岡から1万円で壱岐1泊旅行が楽しめるのなら、「行ってみよう」と考える福岡県民も多いはずだ。航空機の早割チケットやLCCを利用すれば、首都圏からでもパック旅行より安い旅行が企画できる。壱岐市にとってこれほどの観光客誘致のチャンスは2度とないかもしれない。割安感を徹底的なアピールすべきだ。
その旅行者にリピーターとなってもらい、知り合いに宣伝してもらうためには、壱岐だけのオンリーワンを作ることが肝心だ。市創生会議や第2期観光振興計画策定会議で観念的なことは話し合われたが、もっと具体的な、ピンポイントの観光振興策が必要だ。たった1つの名物が、その観光地を大きく変えた例は数多くある。
筒城浜のビーチは美しいが、沖縄にはもっと美しいビーチが数多くある。ウニ、壱岐牛は確かに素晴らしいが、首都圏でも2~3割増しの価格で食べることはできる。これだけでは感動を与えるオンリーワンにはならない。
旅行好きで全国を回った経験がある筆者が、壱岐でもっとも感動した観光地は小島神社と辰ノ島だが、ドラマチックな小島神社は周辺の整備がまったくなされていない。これではせっかくの感動が半減する。辰ノ島は手付かずの無人島が魅力でも、やはりリゾートらしいメニューのあるレストハウスは欲しい。
食べ物ではとてつもない魚の安さだ。全国のどこにもないメガ盛りのヤズやヒラスの海鮮丼に、これまた安いショウガでガリを大量に付け合せて1500円程度で提供すれば、夏場で脂がのっていなくても、旅行者は感動する。少しの工夫でオンリーワンはできる。万全の準備で旅行客を迎えてもらいたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る