© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/28

社説・いまこそ戦略的な観光計画を

1面記事で紹介したように、今夏の県内宿泊に3千円のクーポン券が利用できることになった。1泊2食7千円の旅館に宿泊すれば、支払額は4千円。8~10月は燃油サーチャージが無料となるので、フェリー2等料金は博多から往復3960円。しまとく通貨1万2千円分を1万円で購入すれば、約4千円分を昼食や土産購入に使用できる。福岡から1万円で壱岐1泊旅行が楽しめるのなら、「行ってみよう」と考える福岡県民も多いはずだ。航空機の早割チケットやLCCを利用すれば、首都圏からでもパック旅行より安い旅行が企画できる。壱岐市にとってこれほどの観光客誘致のチャンスは2度とないかもしれない。割安感を徹底的なアピールすべきだ。
その旅行者にリピーターとなってもらい、知り合いに宣伝してもらうためには、壱岐だけのオンリーワンを作ることが肝心だ。市創生会議や第2期観光振興計画策定会議で観念的なことは話し合われたが、もっと具体的な、ピンポイントの観光振興策が必要だ。たった1つの名物が、その観光地を大きく変えた例は数多くある。
筒城浜のビーチは美しいが、沖縄にはもっと美しいビーチが数多くある。ウニ、壱岐牛は確かに素晴らしいが、首都圏でも2~3割増しの価格で食べることはできる。これだけでは感動を与えるオンリーワンにはならない。
旅行好きで全国を回った経験がある筆者が、壱岐でもっとも感動した観光地は小島神社と辰ノ島だが、ドラマチックな小島神社は周辺の整備がまったくなされていない。これではせっかくの感動が半減する。辰ノ島は手付かずの無人島が魅力でも、やはりリゾートらしいメニューのあるレストハウスは欲しい。
食べ物ではとてつもない魚の安さだ。全国のどこにもないメガ盛りのヤズやヒラスの海鮮丼に、これまた安いショウガでガリを大量に付け合せて1500円程度で提供すれば、夏場で脂がのっていなくても、旅行者は感動する。少しの工夫でオンリーワンはできる。万全の準備で旅行客を迎えてもらいたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/23

6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。

壱岐商業高校の品川未歩さん(情報処理科3年)が、同校で5年ぶりとなる「資格試験6種目1級合格」を達成した。品川さんが合格したのは「珠算・電卓…

20182/23

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町…

20182/23

議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ8人だけ。

本年度の議会報告会が13日壱岐の島ホール、14日勝本・かざはやで開かれた。今回からより深い討論をするために常任委員会の主催となり、13日は総…

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

ページ上部へ戻る