© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

4歳ワンアンドオンリーに期待 第56回宝塚記念

今週は前半戦最後のGⅠ宝塚記念。注目は何といってもゴールドシップの3連覇が実現されるかどうかにある。
前走の天皇賞・春は、いかにもこの馬らしい、奇想天外ながら見事なレースぶりだった。苦手と思われていた京都の高速馬場を克服。ディープインパクトの大レコードに迫る時計を出したのだから恐れ入った。今回は【6100】と得意の阪神コースなのだから、死角は見当たらないと考えるのが普通だろう。
だが、希代のクセ馬ゴールドシップが、その期待通りに走る姿はどうにも想像ができない。論理的な予想ではないのだが、ゴールドシップには常に期待を裏切り続けてもらいたい気がするのだ。
ゴールドシップが引導を渡すような存在として浮かび上がるのはワンアンドオンリー、トーホウジャッカルの4歳2騎だろう。未知の魅力という面ではトーホウジャッカルが上だが、さすがに菊花賞以来のぶっつけというローテーションは厳しい。年明け初戦が宝塚記念で連対したのは過去にフレッシュボイス(1989年2着)しかいない。
ワンアンドオンリーは海外帰り初戦だが、こちらは07年アドマイヤムーン(1着)、12年ルーラーシップ(2着)、13年ジェンティルドンナ(3着)がいる。ドバイシーマCは3着だったが、相手関係と粘り強いレースぶりを考えれば、高く評価できる一戦だった。昨秋のスランプからは完全に脱しているし、阪神【3100】の実績もゴールドシップに見劣らない。
ワンアンドオンリーから馬連で、ゴールドシップ、トーホウジャッカル、ラキシス、ヌーヴォレコルト、カレンミロティック、ラブリーデイへ幅広く流す。

1.ショウナンパンドラ 牝馬はスランプから抜け出すのに時間がかかる
2.トーセンスターダム 豪州のタフな馬場をこなしてきた点に成長が伺える
3.ネオブラックダイヤ このメンバーに入ると明らかに格下
4.アドマイヤスピカ  上がり馬でもここまでくると相手が強い
5.カレンミロティック 昨年2着の実績は侮れない
6.デニムアンドルビー 能力の高さは認めるが、アテにならない危うさがある。
7.ワンアンドオンリー ドバイシーマC3着は評価できる。デムーロ騎乗で強気の競馬をする。
8.ディアデラマドレ  ヴィクトリアマイルは期待外れな内容。やや調子落ちか。
9.トウシンモンステラ GⅠではとても歯が立たない
10.オーシャンブルー  2ケタ着順続きでは買えない
11.ヌーヴォレコルト  前走は高速決着で持ち味発揮できなかった。時計が掛かれば。
12.レッドデイヴィス  突き抜けるだけのパンチ力がない
13.ラキシス      充実一途。いまの勢いならゴールドシップを追い詰める
14.トーホウジャッカル 休み明けは不利だが、潜在能力の高さはNO1級
15.ゴールドシップ   この馬は分からない。条件は最適だが、気分次第なので信頼できない。
16.ラブリーデイ    鳴尾記念は強い内容だった。中距離なら堅実に走るが、乗り替わりがやや不安。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/24

7競技に5百人出場。市中体連球技・剣道大会

第69回市中体連球技・剣道大会が18、19日、市内各会場で7競技が行われ、4中学から約5百人が出場。県中学総体(7月27~29日)に出場する…

20195/24

イルカ以外の魅力探求を。

リニューアルオープンしたばかりの壱岐イルカパークで3日、イルカ1頭が死亡した。外傷、誤飲をした形跡はなく、現在、詳しい病理検査をしている。悲…

20195/24

国立科学博物館「大哺乳類展2」に壱岐の知能。本市出身、和田直己教授が監修。

壱岐高校出身で山口大学共同獣医学部で獣医生体システム科学分野の研究をしている和田直己教授(61)が、6月16日まで東京・国立科学博物館で開催…

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

ページ上部へ戻る