© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

渡良小児童ら80人が清掃活動 ツインズ・ビーチ、嫦娥海岸

郷ノ浦町のツインズ・ビーチ(栗岳浜)と嫦娥海岸で6日、海岸清掃を行う「わたらん海 鎮守PROJECT」が開催され、東京渡良会(山本紘子会長)から駆けつけた9人をはじめ、ふるさと渡良会(徳田佳武会長)のメンバー、地元公民館、渡良小学校の児童と保護者ら約80人が参加した。
同活動は今年で4回目。渡良出身で現在は福岡在住の鎮守繁光さんが、ふるさとの海を美しく保ってもらいたいと、東京渡良会に100万円を寄付したのが始まりで、寄付金で横断幕とお揃いの緑のビブス100着を制作。毎年の活動資金にも活用している。
山本会長は「すっかり渡良小の学校行事として定着した。子どもたちが保護者と一緒に海と親しみながら、海の怖さを教えてもらいながら、漂着ごみの問題を勉強しながら清掃活動をすることは大きな意義がある」と話した。
約2時間の清掃でペットボトル、プラスチックごみ、漁具など軽トラック3台分のごみを収集。渡良小の立石竜輝さん(6年)は「渡良の海は大好き。もっとみんなに好きになってもらえるようにと思いながら、清掃をしました。今年の夏も泳ぎに来たい」とすっかり美しさを取り戻したツインズ・ビーチを満足げに眺めた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る