© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

人命救助で4人を表彰 壱岐海上保安署

海保表彰(表彰された中さん(左)と門口さん)

壱岐海上保安署(峯金志署長)は1月31日、市民4人に対して、人命救助活動に対する海上保安署長表彰の感謝状の授与を行った。
芦辺町の無職、後藤義勝さん(74)は、昨年12月26日午前7時ごろ、八幡浦漁港内で自分の漁船に乗船しようとしてバランスを崩し海に転落した61歳の男性漁業者を救助した。
男性は岸壁までたどり着いたものの、自力で上がることができず、声を上げて救助を求めていた。たまたま近くで釣りをしていた後藤さんがこの声を聞きつけ、引き上げた。男性にけがはなかった。
後藤さんは「朝早くて周囲に誰もいなかったので、“お~い”という声に気が付いて本当に良かった。気温6℃の寒さだったので、発見が遅れていたら命に関わっていたのでは、と思います」と当時を振り返って安堵した表情を浮かべた。
芦辺町の壱岐東部漁協職員の中真弘さん(56)と門口善行さん(43)、同町の漁業、小田武夫さん(66)の3人は、同じ12月26日に八幡浦漁港内で起きた別の事故で人命救助を行った。80歳の男性漁業者が漁に出港したが、船のスクリューにロープが絡まり運航不能になった。男性はウエットスーツに着替えて、潜ってロープを外そうとしたが、外れずに岸壁まで泳いだ。だが寒さで意識を失ってしまった。
男性の妻が発見し、近所の人が漁協に電話連絡。仲さん、門口さんがすぐに駆けつけ、小田さんの船に乗って3人掛りで引き上げた。男性は意識不明だったが、病院に搬送されて意識を取り戻し、すぐに退院した。
「すぐに救急車が来てくれたので、大事にならずに済みました。助かって本当に良かったです」(中さん)、「意識のない人を引き上げるのがこんなに大変だとは思いませんでした。3人のチームワークで何とかなりました」(門口さん)と2人は漁協職員として漁業者の命を救えたことに胸をなで下ろしていた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/23

6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。

壱岐商業高校の品川未歩さん(情報処理科3年)が、同校で5年ぶりとなる「資格試験6種目1級合格」を達成した。品川さんが合格したのは「珠算・電卓…

20182/23

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町…

20182/23

議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ8人だけ。

本年度の議会報告会が13日壱岐の島ホール、14日勝本・かざはやで開かれた。今回からより深い討論をするために常任委員会の主催となり、13日は総…

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

ページ上部へ戻る