© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

断然ドゥラメンテ 日本ダービー

≪日本ダービー出走馬≫
▲サトノラーゼン   前走の京都新聞杯は着差以上の強さ。ディープ産駒はやはり怖い。
タンタアレグリア  確実な末脚が魅力だが、前走はレーヴミストラルに完敗。
コメート      母は短距離馬で、血統的に2400メートルは厳しい。
グァンチャーレ   中2週でダービーは厳しいローテーション。
ダノンメジャー   先行脚質は有利だが、この距離を粘り込むのは難しい。
△ポルトドートウィユ 競走成績からは狙い辛いが、ディープ産駒、武豊騎乗という点は魅力。
△レーヴミストラル  能力は高いが早熟な血統で、前走からの上積みとなると厳しい。
ベルラップ     東京コースが得意なハーツクライ産駒とはいえ、この成績では買えぬ。
コスモナインボール 典型的な早熟タイプで、近走成績からも買えない。
ミュゼエイリアン  人気はないが、実力はベスト5に入る。3連単の大穴に注意。
△サトノクラウン   父産駒は短距離~マイルで活躍しており、この距離はプラスではない。
アダムスブリッジ  仕上がりは早いが底力に欠く血統。前走からの上積みが不足。
○リアルスティール  調教で抜群の動きを披露。皐月賞はドゥラメンテに完敗でも、逆転の可能性を秘める。
◎ドゥラメンテ    皐月賞のレースぶりはまさに圧巻。荒削りな面はあるが、それでも不動の本命。
ミュゼスルタン   血統、成績からマイラー色が濃い。NHKマイルC以上は難しい。
スピリッツミノル  単騎逃げに持ち込めそうだが、先行有利の馬場で各馬の仕掛けが早い。
キタサンブラック  自在性のある脚質は魅力。母父サクラバクシンオーで距離が心配。
タガノエスプレッソ このメンバーに入ると実力不足。恵まれても入着まで。
春のGⅠは後半に入って予想が失速してしまったが、日本ダービーだけはどうしても的中させたいレース。配当には目をつぶって、正攻法で予想する。
皐月賞のレースを見る限り、ドゥラメンテの能力が抜きん出ているのは明白だ。4角であれだけ大きく膨れながら、ゴール前で楽々突き抜けたレースは、まるでオルフェーヴルを見ているかのようだった。
初の2400㍍で折り合い面の不安はもちろんあるが、馬をなだめることに関してデムーロ騎手はまさに天才。「気性の悪い馬の方が乗っていて楽しい」とまで発言しているのだから、世界トップクラスの技量を信じるべきだ。
血統的に2400㍍はまったく不安がなく、断然の1番人気でも本命は外せない。
相手筆頭も皐月賞2着馬リアルスティールで揺るがない。東京コースでは、共同通信杯でドゥラメンテを破っており、長い直線での末脚の切れは互角のものがある。福永騎手は当然、相手をドゥラメンテ1頭に絞って徹底マークをするはずで、人気のドゥラメンテが早仕掛けをすれば、逆転の可能性も皆無ではない。
サトノラーゼンはこの2戦のレース内容に本格化が感じられる。デビューから9戦して4着以下がない成績から、この相手でも大崩れはしない。サトノクラウンは皐月賞1番人気馬。東京コース2戦2勝の成績からも、巻き返しが期待できる。
ポルトドートウィユはデビュー前から期待が大きかった1頭。まだ幼さが目立つが、武豊騎手が最後方から一発勝負に出る。レーヴミストラルは3連勝中と勢いがあり、前走で東京2400㍍を経験していることが武器になる。
予想としてはドゥラメンテから馬連で、リアルスティールを中心に5点ということになるが、勝負をかけるなら馬連1点と、3連単1・2着固定の4点だ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/9

スポーツの猛暑対策を。

全国的に猛烈な暑さに襲われている。7月31日は全国2百地点以上で35℃以上の猛暑日となった。本市の最高気温は石田測候所33・0度、芦辺測候所…

20198/9

LED3千個で白沙八幡神社をライトアップ。大大神楽とのジョイントイベント「かみあかりの夜」。

市は3日、石田・筒城浜ふれあい広場野外ステージで開かれた第23回壱岐大大神楽公演に合わせて、隣接する白沙八幡神社でライトアップイベント「神々…

20198/2

山本二三さんがアニメーション制作実演。一支国博物館特別講座

一支国博物館で開催中の「山本二三展」に合わせて、7月21日に特別講座「アニメーション美術監督・山本二三による制作実演」が同館で開かれ、約30…

20198/2

大型店、続々出店のリスク。

経済産業省はこのほど、今年5月に申請された大規模小売店舗立地法に伴う新設届け出を発表し、本市では郷ノ浦町柳田触に建設中の「ドラッグコスモス壱…

20198/2

冨永愛斗が個人総合優勝。初山小は団体戦4位。交通安全子供自転車県大会

第44回交通安全子供自転車長崎県大会が7月23日、長崎市の県立総合体育館で開かれ、壱岐地区代表として38年連続出場した初山小学校が、団体戦出…

ページ上部へ戻る