© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

断然ドゥラメンテ 日本ダービー

≪日本ダービー出走馬≫
▲サトノラーゼン   前走の京都新聞杯は着差以上の強さ。ディープ産駒はやはり怖い。
タンタアレグリア  確実な末脚が魅力だが、前走はレーヴミストラルに完敗。
コメート      母は短距離馬で、血統的に2400メートルは厳しい。
グァンチャーレ   中2週でダービーは厳しいローテーション。
ダノンメジャー   先行脚質は有利だが、この距離を粘り込むのは難しい。
△ポルトドートウィユ 競走成績からは狙い辛いが、ディープ産駒、武豊騎乗という点は魅力。
△レーヴミストラル  能力は高いが早熟な血統で、前走からの上積みとなると厳しい。
ベルラップ     東京コースが得意なハーツクライ産駒とはいえ、この成績では買えぬ。
コスモナインボール 典型的な早熟タイプで、近走成績からも買えない。
ミュゼエイリアン  人気はないが、実力はベスト5に入る。3連単の大穴に注意。
△サトノクラウン   父産駒は短距離~マイルで活躍しており、この距離はプラスではない。
アダムスブリッジ  仕上がりは早いが底力に欠く血統。前走からの上積みが不足。
○リアルスティール  調教で抜群の動きを披露。皐月賞はドゥラメンテに完敗でも、逆転の可能性を秘める。
◎ドゥラメンテ    皐月賞のレースぶりはまさに圧巻。荒削りな面はあるが、それでも不動の本命。
ミュゼスルタン   血統、成績からマイラー色が濃い。NHKマイルC以上は難しい。
スピリッツミノル  単騎逃げに持ち込めそうだが、先行有利の馬場で各馬の仕掛けが早い。
キタサンブラック  自在性のある脚質は魅力。母父サクラバクシンオーで距離が心配。
タガノエスプレッソ このメンバーに入ると実力不足。恵まれても入着まで。
春のGⅠは後半に入って予想が失速してしまったが、日本ダービーだけはどうしても的中させたいレース。配当には目をつぶって、正攻法で予想する。
皐月賞のレースを見る限り、ドゥラメンテの能力が抜きん出ているのは明白だ。4角であれだけ大きく膨れながら、ゴール前で楽々突き抜けたレースは、まるでオルフェーヴルを見ているかのようだった。
初の2400㍍で折り合い面の不安はもちろんあるが、馬をなだめることに関してデムーロ騎手はまさに天才。「気性の悪い馬の方が乗っていて楽しい」とまで発言しているのだから、世界トップクラスの技量を信じるべきだ。
血統的に2400㍍はまったく不安がなく、断然の1番人気でも本命は外せない。
相手筆頭も皐月賞2着馬リアルスティールで揺るがない。東京コースでは、共同通信杯でドゥラメンテを破っており、長い直線での末脚の切れは互角のものがある。福永騎手は当然、相手をドゥラメンテ1頭に絞って徹底マークをするはずで、人気のドゥラメンテが早仕掛けをすれば、逆転の可能性も皆無ではない。
サトノラーゼンはこの2戦のレース内容に本格化が感じられる。デビューから9戦して4着以下がない成績から、この相手でも大崩れはしない。サトノクラウンは皐月賞1番人気馬。東京コース2戦2勝の成績からも、巻き返しが期待できる。
ポルトドートウィユはデビュー前から期待が大きかった1頭。まだ幼さが目立つが、武豊騎手が最後方から一発勝負に出る。レーヴミストラルは3連勝中と勢いがあり、前走で東京2400㍍を経験していることが武器になる。
予想としてはドゥラメンテから馬連で、リアルスティールを中心に5点ということになるが、勝負をかけるなら馬連1点と、3連単1・2着固定の4点だ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/24

7競技に5百人出場。市中体連球技・剣道大会

第69回市中体連球技・剣道大会が18、19日、市内各会場で7競技が行われ、4中学から約5百人が出場。県中学総体(7月27~29日)に出場する…

20195/24

イルカ以外の魅力探求を。

リニューアルオープンしたばかりの壱岐イルカパークで3日、イルカ1頭が死亡した。外傷、誤飲をした形跡はなく、現在、詳しい病理検査をしている。悲…

20195/24

国立科学博物館「大哺乳類展2」に壱岐の知能。本市出身、和田直己教授が監修。

壱岐高校出身で山口大学共同獣医学部で獣医生体システム科学分野の研究をしている和田直己教授(61)が、6月16日まで東京・国立科学博物館で開催…

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

ページ上部へ戻る