© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

勝本が2度目の優勝 市長旗中学生野球大会

野球(内浜を完封した吉田投手)

第8回壱岐市長旗中学生軟式野球大会が22、23日に大谷公園グラウンドなどで、島内、島外各4チームの計8チームが参加して行われ、勝本中が第3回大会に続く2度目の優勝を飾った。島内チームの優勝は第5回大会の石田中以来3年ぶり5回目となった。
勝本が真骨頂の粘り強さを見せた。芦辺と島内勢同士の対戦となった準決勝は5回までわずか1安打。5回裏には押し出しで芦辺に先制点を許したが、無死満塁のピンチをこの1点で切り抜けた粘り強さが、6回表の反撃につながった。
6回表は2死無走者から、土肥、篠崎楓がよく選んで連続四球。迎えた4番坂本健駄(6年)は「四球が続いたので、絶対に初球はストライクを取りに来ると思った」と芦辺のエース・竹下の心理を読み切って、インハイのストレートを思い切り引っ張った。打球はラインドライブを掛けながらレフト前で大きくバウンド。ボールが左翼手の頭を超えて転々としている間に、坂本は一気にホームを駆け抜け、値千金3点を奪い、試合を逆転した。
決勝は前年の優勝チーム・内浜中(福岡市)との対戦。昨年は初戦で内浜とぶつかり、0‐2で敗れている。松永功之助監督は「スコアは僅差でも、手も足も出ない試合でした。練習試合でもお世話になっている内浜さんは、すべてに私たちのお手本のチーム」と胸を借りるつもりで挑んだ。
勝本の先発は準決勝で好リリーフをした1年生の吉田蘭人。内浜の強打線を相手に、丁寧にコースを突くピッチングで、ランナーを出すものの決定打を与えない。捕手で主将の篠崎楓(2年)が2回には盗塁を刺し、5回には捕手前の送りバントをダブルプレーで仕留めるなど、1年生投手の奮投を支えた。
勝本打線はワンチャンスを生かした。0‐0の7回表、1死から松尾が左前打。続く石村も左前打を放つと、鉄壁の守備を誇っていた内浜の左翼手が打球を後逸。松尾が先制のホームを踏んだ。さらにワイルドピッチで1死三塁となり、小畑祐が投前へ見事にスクイズを決めて2点目を奪った。小畑祐は「外角高めの球に飛びつきました。スクイズのサインで緊張しましたが、バント練習は毎日やっているので、失敗できないと思っていました」としてやったりの表情を浮かべた。
先輩たちから2点のプレゼントをもらって、7回裏は吉田が三者凡退にきっちりと打ち取り、見事に完封に優勝を決めた。吉田は「完投したのも初めてです。キャッチャーの篠崎さんのミットだけを見て、思い切り投げました。最高のリードのおかげです」と捕手を称えた。
松永監督は「大会前にけが人が出て、万全な状態と言えなかったのですが、選手たちがよく補いながらやってくれました。目標のチームに勝てて、選手たちも自信になると思います」と3年ぶりに地元に取り戻した優勝旗を嬉しそうに見つめた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る