© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

サケが定置網に 水産課も驚く

サケ(定置網にかかったサケ)

18日午前5時ごろ、郷ノ浦町漁協の定置網に、壱岐では珍しいサケ1匹が入った。同漁協定置網副棟梁の立石誠也さん(50)が原島南側に設置していた定置網に魚を獲りに行って発見した。
サケは日本海北部、オホーツク海、ベーリング海、北太平洋を回遊する一般的な「シロザケ」と見られ、全長58㌢、重さ2・7㌔。壱岐振興局水産課によると、壱岐近海では10年ほど前に一度、定置網に入ったことがあるが、非常に珍しいという。シロザケが定期的に遡上している日本海側の南限は佐賀県だと言われている。
同課は「周辺海域のこの日の海水温は13℃と例年よりもやや低かったが、壱岐近海まで来た理由はよく判らない」としている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

201911/15

女子・芦辺が中学統合後の最高順位4位で入賞。県中総体駅伝大会

県中学総体の第61回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第36回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

ページ上部へ戻る