© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

サケが定置網に 水産課も驚く

サケ(定置網にかかったサケ)

18日午前5時ごろ、郷ノ浦町漁協の定置網に、壱岐では珍しいサケ1匹が入った。同漁協定置網副棟梁の立石誠也さん(50)が原島南側に設置していた定置網に魚を獲りに行って発見した。
サケは日本海北部、オホーツク海、ベーリング海、北太平洋を回遊する一般的な「シロザケ」と見られ、全長58㌢、重さ2・7㌔。壱岐振興局水産課によると、壱岐近海では10年ほど前に一度、定置網に入ったことがあるが、非常に珍しいという。シロザケが定期的に遡上している日本海側の南限は佐賀県だと言われている。
同課は「周辺海域のこの日の海水温は13℃と例年よりもやや低かったが、壱岐近海まで来た理由はよく判らない」としている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20206/29

リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。

勝本町のホテル・壱岐リトリート海里村上(旧海里村上)が17日、リブランドオープンした。 オープンを前に16日、報道機関向け内覧会を開き…

20206/29

よっち、たかっち、きもいっち。霞翠地区まちづくり協議会。

霞翠地区まちづくり協議会の事務所開所式が20日、同事務所が入居した新城地区老人憩いの家で行われた。設立は4月1日付けで、当初は同4日に開所式…

20206/29

小中学校にアジサイ寄贈。郷ノ浦町文化協会盆栽部会。

中止になった第25回あじさい祭り(郷ノ浦町文化協会主催)で市民に配布予定だったアジサイの苗約千株が、栽培した同協会盆栽部会(田口和夫会長、1…

20206/22

筒城浜で海開き神事。水質は最高の「AA」。

海水浴シーズンを前に市商工会や市などは11日、筒城浜ふれあい広場レストハウスで海開きの神事を行い、無事故と観光振興を祈念した。 神事に…

ページ上部へ戻る